池上 彰(いけがみ・あきら)
1950年生まれ、長野県松本市出身。慶應義塾大学経済学部卒。1973年NHKに入局。松江放送局、広島放送局呉通信部を経て、東京の報道局社会部、警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」キャスター(お父さん役)。2005年3月に退職、フリージャーナリストに。

池上彰と考える!ビジネスパーソンの「国際貢献」入門

池上彰より

 こんにちは、池上彰です。

 テレビや新聞では、アジアやアフリカなど途上国の貧困問題や食料問題やさまざまな紛争について日々報道されています。またこうした途上国に、日本の公的機関やNGO、ボランティアの方々が赴き、国際協力の現場で毎日奮闘しています。

 ただし、普段日本で生活していて、途上国が抱えるさまざまな問題について思いをめぐらせる機会というのは、なかなかありません。

 日本という国自体が、長引く不況で、企業も個人も疲弊しています。「格差」や「貧困」問題も浮上しています。

 自分たちだって苦しいのに、なぜ日本人が、遠いアジアやアフリカ、中南米の途上国の人たちを手間とお金をかけて救わなければいけないのでしょうか?

 この企画では、どうして日本が途上国に対して国際協力をするべきなのか、途上国が抱えている問題は私たち日本人とどんなつながりがあるのか、私たちが実際にできることとは何か、といった疑問に対して、私がナビゲーターとして専門家にインタビューしたり、アフリカの現地で国際協力の現場を取材したりしながら、その答えをさぐっていきたい、と思っています。

続きを読む

 途上国の抱えているさまざまな問題は、日本人にとってけっしてひとごとではありません。もちろんビジネスパーソンである皆さんにとっても。理由は3つあります。

 第一に、日本が貿易依存国だからです。資源も食料も最近では人材も、海外から輸入しなければ日本の経済は成り立ちません。しかもその輸入元の多くは、日本の国際協力を必要としている途上国です。

 第二に、途上国の抱える問題の多くは、一国の事情を超えたグローバルな問題だからです。
地球温暖化をはじめとする、環境問題やエネルギー問題、食料問題や人口問題、それにエイズなどの医療問題、さらに紛争問題。これらの問題の震源地は途上国であることが少なくありませんが、いずれも世界レベルで解決しなければならない問題ばかりでもあります。途上国の平和と、途上国の人々の健康と安全とが確立しなければ、私たち日本人の繁栄と平和もけっして望むことはできないのです。

 第三に、人道的な理由です。途上国の多くの人々は、いまだに水を満足に得られず、食料難に悩まされ、満足な教育も受けられず、健康問題や紛争問題に直面して生命の危機にさらされています。地球に生きる仲間たちの苦境をみすごすことは、同じ人間としてできません。手を差し伸べ、いっしょに世界を変えていこうとするのは、当然のことなのです。日本国憲法前文にはこうあります。

 「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」〜「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ」

 私たちは憲法でも国際協力の必要性を高らかにうたっているのです。

 日本は国際協力においても先進国です。徹底的な現場主義で、専門家やボランティアがさまざまな分野でさまざまな国に赴き、現地の人たちと寝食をともにし、改善に努めています。

 日本は、アフリカや中東や中南米では、欧米先進国と異なり、歴史的にも宗教的にも中立的な立場をとれるがゆえに、国際協力の欠かせぬ存在としてその役割が期待されています。

 なんらかの国際協力を必要としている途上国は約150カ国。人口比で世界の約8割です。こうした国々は、日本にとって今も、そして未来においてはもっと大きなパートナーでもあり、「お客さま」でもあります。

 「国際貢献」と聞くと、資金の拠出とか自衛隊の派遣など、政治絡みで難しいもの、という印象を持ちます。しかし、今必要なのは、より同じ目線でいっしょに事態を改善していく「国際協力」という考え方だと思います。国際協力はけっして途上国に一方的な援助を与えることではありません。その成果は私たち日本人にも確実に返ってくるものなのです。「国際協力」を通じて、途上国の人が“日本”という存在に感謝してくれたとき、それは真の「国際貢献」に変わるのではないでしょうか。現地の人たちと、パートナーとして行動し、新しい世界をつくっていく。そんな姿勢が大切なのです。

 今回の企画を通じ、私自身アフリカの現地を歩いてきました。専門家の方のご意見も聞きました。そこで感じたのは、「途上国の抱える問題は、終戦直後、日本が直面していた問題と同じじゃないか」ということでした。
 第二次世界大戦で何もかも失った日本は、戦後、各国の援助を受けながら自分たちの努力で復興を果たし、先進国の仲間入りをしました。この経験は、先進諸国の中で日本だけのものであり、だからこそ、その経験を途上国に伝えるべきだと思います。

 これから約半年間、ご一緒に国際協力について、考えていきたいと思います。連載を通じて、国際協力に関する皆さんの理解が深まり、共感と賛同をいただき、「自分でも国際協力をやってみようか」と思い立ってくださる方が出てくることがあれば、それに勝る喜びはありません。

連載テーマ
命、教育、経済までも左右する「水の問題」ゲスト:東京大学生産技術研究所教授 沖 大幹 氏 水問題の世界的権威で、「水文学」の専門家、沖大幹・東京大学生産技術研究所教授に、世界の水問題の現状と課題、日本が果たすべき役割などについて聞きました。 前編 記事を読む
後編 記事を読む
池上彰がスーダンを見る!聞く!歩く!「復興支援の問題」ゲスト:JICAスーダン事務所長 宍戸健一氏 この夏、私はスーダンに行き、国際協力の現場を歩いてきました。案内していただいたのは、JICAスーダン事務所長の宍戸健一氏。紛争の傷跡が残るスーダンで、病院、母子保健、そして元兵士たちの職業訓練を手伝う日本人の姿を追います。 前編 記事を読む
中編 記事を読む
後編 記事を読む
途上国で医療の原点を知る「命の問題」ゲスト:国立国際医療センター 国際医療協力局 藤田 則子 氏 お母さんと赤ちゃんの命を守る。新しい命を未来につなぐ。いつの時代でも、どんな場所でも、最も重い仕事です。カンボジアとアフガニスタンで途上国の母子保健問題に取り組んできた国立国際医療センター国際医療協力局の医師、藤田則子氏に「母子の命を救う」仕事のリアルをお聞きしました。 前編 記事を読む
後編 記事を読む
おコメがアフリカを救う!「食料の問題」ゲスト:ウガンダ在住 JICA専門家 坪井 達史 氏 スーダンに続いて、私が訪れたアフリカの国はウガンダ。なんとここでは、日本の専門家が、米作りを指導していました。アフリカの食料問題を、おコメが救う。目からウロコが落ちる、アフリカの農業の最前線を取材します。 前編 記事を読む
後編 記事を読む
すべての礎である「教育の問題」ゲスト:JICA 客員専門員(教育) 原 雅裕 氏 一人でも多くの国民が読み書きそろばんができるようにする。教育の充実は途上国を次のステージに上げるための必須事項です。アフリカで地域を巻き込んだ学校教育の普及に努めてきた原雅裕さんにプロジェクトの内容をお聞きしましょう。 前編 記事を読む
後編 記事を読む
国際協力から自立への道へ「経済の問題」ゲスト:JICA 客員専門員 宮司 正毅 氏 国際協力は途上国のインフラ整備から始まります。けれどもその国が真の自立を果たすには、経済の自立と成長が必要不可欠です。アフリカの経済成長を助けてきた、宮司正毅さんにうかがいます。 前編 記事を読む
後編 記事を読む
日本人よ、もう一度、世界に飛び出そう!「特別対談」ゲスト:JICA 理事長 緒方貞子氏 グローバル化で世界はつながっている。だから途上国への支援もひとごとじゃない。日本人よ、もう一度世界に目を向けて、生きてみませんか――。最終回はJICA理事長緒方貞子さんに、現役ビジネスパーソンへの力強いメッセージをいただきました。 本編 記事を読む
世界で今何が起きているの? 日本が今出来る事を見つけたい!! 世界で今起きているいろいろな問題、JICA現地スタッフや関係者からのコメント、取材を通してわかった〜詳しく見る