開発教育指導者研修

【画像】

【画像】

開発教育指導者研修の様子

開発教育・国際理解教育に関心のある東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、特別支援学校の教員、教育委員会職員、自治体職員、NGO・NPO職員、JICAボランティア経験者等を対象に、ワークショップの体験・実演、プログラム構築など、開発教育・国際理解教育を授業で実践できる指導者育成のための研修です。

初級編

初めて開発教育・国際理解教育に取り組む人材を対象とし、開発教育・国際理解教育を授業等で実践することを目的として、ワークショップ(参加型学習)の体験・実演、国際理解教育の概要説明等を東海4県の各県で行っています。日程・研修内容・募集方法などは東海4県のJICAデスク(国際協力推進員)までお問い合わせください。

実践編

ワークショップの体験・実演、プログラム構築の手法などを学び、実際に開発教育・国際理解教育を授業で実践していけるよう、この地域における開発教育・国際理解教育の中核的な指導者を育成する研修です。

プログラムは連続講座です。年4回程度JICA中部にて開催しています。この研修参加者の一部には、教師海外研修参加者も含まれます。

2016年度 開発教育指導者研修(実践編)

2016年度参加者の募集を開始しました。応募締め切りは、2016年5月22日(日)必着です。ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

2016年度 開発教育指導者研修(実践編) 募集要項

  1. 表紙(PDF/752KB)
  2. 研修の概要(PDF/752KB)
  3. 募集要項(PDF/752KB)
  4. 申込書(PDF/752KB)(Word/32KB)

研修報告

これまでの開発教育指導者研修(実践編および上級編※)の研修内容を紹介します。

※開発教育指導者研修(上級編)は平成23年度より開発教育指導者研修(実践編)に名称変更いたしました。

授業実践報告

これまでの開発教育指導者研修(実践編および上級編※)受講者の授業(活動)実践例を紹介します。

※開発教育指導者研修(上級編)は平成23年度より開発教育指導者研修(実践編)に名称変更いたしました。

お問い合わせ

初級編:
JICA中部 市民参加協力課
東海4県のJICAデスク(国際協力推進員)
実践編:
JICA中部 市民参加協力課