海外ボランティア事業

【画像】

青少年活動/モザンビーク

JICAボランティア事業は日本政府のODA予算により、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する事業です。開発途上国からの要請(ニーズ)に基づき、それに見合った技術・知識・経験を持ち、「開発途上国の人々のために生かしたい」と望む方を募集し、選考、訓練を経て派遣します。

JICAボランティアは、現地の人々と共に生活し、働き、彼らと同じ言葉で話し、相互理解を図りながら、彼らの自助努力を促進するように活動します。貧困、医療、教育問題など、その国が抱える問題に取り組み、経済や社会の発展に貢献することを目指した草の根レベルのボランティアです。

「体験談&説明会」に行こう

【画像】

年2回(春・秋)の募集時期には、全国各地で「体験談&説明会」を開催しています。

約2時間のプログラムで行われる「体験談&説明会」では、JICA事業概要や応募方法の説明、ボランティア経験者との個別相談や、ここでしか聞くことのできない「特別企画」を行っています。その他、要請詳細情報などの資料閲覧も可能です。

予約不要、参加無料、入退室自由ですので、ぜひご参加ください。

募集期間

2016年度春募集は終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました!
次回2016年度秋募集は2016年9月30日〜11月4日で実施を予定しています。
※日系社会青年ボランティア、日系社会シニア・ボランティアも同時募集
詳細については、2016年8月中旬に公開

説明会内容

JICAボランティアの4つの形

詳細については各ボランティアのホームページをご覧ください。

ボランティア区分 応募対象
年齢
派遣国 派遣期間 募集時期
青年海外協力隊 20〜39歳 アジア、アフリカ、中南米、大洋州、中近東 71ヵ国 原則2年 年2回
(春・秋)
シニア海外ボランティア 40〜69歳 アジア、アフリカ、中南米、大洋州、中近東 62ヵ国
日系社会青年ボランティア 20〜39歳 中南米の5ヵ国
日系社会シニア・ボランティア 40〜69歳 中南米の4ヵ国

【画像】

小学校教諭(現:小学校教育)/バヌアツ

【画像】

助産師/モンゴル

【画像】

剣道/ドミニカ共和国

東海地方から世界へ

岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 全国
青年海外協力隊 派遣中 39 68 107 30 2,041
累計 702 1410 2091 528 41,445
シニア海外ボランティア 派遣中 4 15 19 2 425
累計 73 174 241 60 5,933
日系社会青年ボランティア 派遣中 4 3 3 1 51
累計 24 47 95 15 1,266
日系社会シニア・ボランティア 派遣中 1 1 1 0 25
累計 8 12 20 4 470

(人/2016年3月31日現在)

現地からの声

東海4県から開発途上国へ赴任した隊員たちの活動記が掲載されています。

それぞれの地域の人々と共に活動している隊員たちの生の声を聞いてみませんか?

ボランティア事業を活用した中小企業の海外事業展開支援

中小企業を対象としたオーダーメイドが可能な「民間連携ボランティア制度」のご紹介です。

募集要項セットを郵送します(無料)

Eメールもしくはファックスの件名に「募集要項希望(青年)」または「募集要項(シニア)」と明記し、(1)住所(郵送先)(2)氏名(3)連絡先(電話番号)(4)必要部数を明記の上、下記の連絡先までご連絡ください。送料は無料です。

Eメール:jicacbic@jica.go.jp / ファックス:052-564-3751

※郵送以外に以下の場所でもお渡しできます
独立行政法人 国際協力機構(JICA)中部国際センター
〒453-0872 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-7
電話番号:052-533-0220(代表)

(募集要項セットの内容)

【写真】
【写真】
  • 募集要項
  • 要請一覧
  • JICAボランティアパンフレット
  • 応募書類作成要領
  • 健康診断書
  • 返信用封筒

※写真は2016年度春募集の募集要項セットです。
こちらの募集要項を使用しての応募は出来ませんのでご了承ください。
次回2016年度秋募集の募集要項セットは、9月下旬に完成予定です。
それ以前に資料請求をしていただいた場合には、参考資料として2016年度春募集の資料を送付させていただき、後日、2016年度秋募集用の募集要項を送付させていただきます。

あなたの身近なお問合せ先

【地図】中部4県東海地方の4県・2市(名古屋市・浜松市)では、地域のJICA窓口である国際協力推進員が皆様からのご質問やご相談、ご意見をお待ちしております。どなたもお気軽にご連絡ください。