ジンバブエ共和国における水害被害に対する国際緊急援助(物資供与)

第一報

2014年2月25日

ジンバブエ共和国で発生した水害に対し、同国政府からの緊急援助物資の支援要請を受けて、国際協力機構(JICA)は緊急援助物資供与を下記の通り実施します。

1.被災状況
2014年1月下旬よりジンバブエ共和国各地で降った豪雨により、水害が発生しています。特にマシンゴ州の建設中のトクエ・ムコシ(Tokwe-Mukorsi)ダム流域では、多くの住民が避難を余儀なくされているなど大きな被害となっています。

2月12日現在の被害状況(ジンバブエ政府による発表)
被災者  約3万2千名
また、トクエ・ムコシダムの一部破壊により、水の流出が生じています。


2.物資供与の内容
(1)援助物資内容
・毛布(通常期用)    2,500枚
・プラスチック・シート   500枚
・テント              100張

(2)援助物資経費概算
1,300万円相当(輸送費を含む)

(3)輸送日程
至近便で首都ハラレへの輸送を調整中。

以上