国際防災研修センター(DRLC)

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 JICA関西内 [地図]
電話番号:(078)261-0386(直通)
ファックス:(078)261-0465

ひょうごで育む人材 −防災技術を世界へ発信−

【写真】

阪神・淡路大震災の被害を擬似体験するために人と防災未来センターを視察する。

【写真】

地域の防災訓練に参加し、放水を体験する。

近年、世界では自然災害が増え続け、被災者は毎年約2億人にもなります。災害がもたらす被害も年々大きくなり、被災死亡者の約9割は開発途上国に集中しています。日本は世界有数の自然災害頻発国として、これまでの被災経験から災害に対応し備える防災の知見を蓄積してきました。また、開発途上国の災害には状況に応じて緊急援助を実施するとともに、その後の復旧・復興対策として再発防止や被害軽減のためのインフラ整備を支援するなど、被災した国や地域の防災対策の強化や減災への努力を促してきました。

JICAと兵庫県は、2007年4月1日、開発途上国で防災に携わる人材をより効果的に育成する拠点として、神戸東部新都心「HAT神戸」にあるJICA兵庫(当時)内に「国際防災研修センター(DRLC:Disaster Reduction Learning Center」を設置しました。

トピックス

トピックス

トピックス一覧

防災教育教材

国際防災研修センター(DRLC)の活動報告

JICA防災分野研修一覧

国際防災研修センター(DRLC)活動報告書

国際防災研修センター(DRLC)の活動は、開発途上国からの防災分野に携わる研修員受入れ、研修のフォローアップ、教材開発、研修リソース調査、防災イベントやセミナーの実施など、多岐にわたります。

DRLCの活動報告をまとめました。ぜひご覧下さい。

パンフレット

DRLCの団体概要、活動内容を紹介するリーフレットです。

防災分野帰国研修員の活動成果を紹介するパンフレットです。

2015年1月18日に開催した特別シンポジウムの報告書です。

映像

イラン・ミャンマー・インドネシア3か国における防災分野帰国研修員の活動紹介映像です。