タンザニア向け円借款契約の調印:東部アフリカで国境を越えた電力融通の促進と電力供給の安定化に貢献

2016年1月15日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、1月15日(金)、タンザニア連合共和国政府との間で「ケニア-タンザニア連系送電線事業」を対象として118億4,700万円を限度とする円借款貸付契約に調印しました。

タンザニアは、2000年以降、年率約6パーセントの経済成長を遂げており、今後も年率約7パーセントの成長が見込まれています。順調な経済成長に伴い電力需要も年率10%前後のペースで増加し、2035年には現在のピーク需要の8倍である約7,590メガワットに達すると見込まれています。しかし、発電設備の老朽化、渇水時の水力発電量の低下、送配電ロス等に起因して、既存の設備容量(1,376メガワット、2015年)ではピーク需要(934メガワット、2014年)を満たせない状況であり、社会経済活動の弊害となっています。

また、アフリカでは著しい経済発展に伴い電力需要が拡大しており、その対策として、アフリカの各地域において、安価で安定的な電力を地域内で融通する取り組み(パワープール)が行われています。東アフリカでは、豊富な包蔵水力を有するエチオピアから、電力需要の増加が見込まれるケニアやタンザニアへの融通計画が策定されています。

こうした背景をふまえ、本事業は、ケニア南部のカジアド郡イシニャとタンザニア中部のシンギダ州シンギダを結ぶ送電線(全長507.5キロメートル)を建設し、関連変電所の整備を行うことにより、タンザニア国内の安定的な電力供給及び東部アフリカ地域の電力融通の促進・供給信頼度の向上を図り、経済活性化・地域活性化に寄与するものです。

本事業は、アフリカ開発銀行(AfDB)との協調融資により実施され、本件にかかる円借款の貸付資金は、タンザニア側送電線(全長414.4キロメートル)及び変電所2か所の新設・改修の土木工事に充当され、AfDBがコンサルティングサービスに必要な経費を融資します。また、ケニア側送電線(全長93.1キロメートル)建設の土木工事およびコンサルティングサービスについては、AfDBが単独で融資を行います。

なお、本事業におけるAfDBとの協調融資は、「アフリカの民間セクター開発のための共同イニシアティブ(Enhanced Private Sector Assistance for Africa:EPSA for Africa)」のもとでの、アフリカ開発銀行(African Development Bank:AfDB)との協調融資枠組み(Accelerated Cofinancing Facility for Africa: ACFA)に基づき実施されるものです。

JICAは、本案件に加え、円借款「イリンガ−シニャンガ基幹送電線強化事業」(2010 年12月貸付契約締結)による送電線の整備や、技術協力プロジェクト「効率的な送配電系統のための能力開発プロジェクト」(2009年8月〜2016年3月)による送配電系統保守の計画・運営・維持管理の能力強化を実施中です。JICAは、引き続き電力需要が増加するタンザニア国内の電力系統の整備・安定化に貢献していきます。

(参考)
1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利
(%/年)
償還期間(年) 据置期間(年) 調達条件
本体 コンサルティング・サービス
ケニア-タンザニア連系送電線事業 11,847 0.01 (※1) 40 10 一般アンタイド

2.事業実施機関
タンザニア電力供給公社(Tanzania Electric Supply Company Limited)
住所: P.O.Box 9024, 1st Floor, Ubungo Plaza Building, Dar es Salaam, TANZANIA
TEL: +255-(0)736-501649、FAX:+255-(0)22-245-1224

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:2018年12月(施設供用開始時をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービス(施工監理等)にかかる招請状送付予定時期:2015年2月(送付済)(※1)
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示(※2):
調達パッケージ名:ケニア国内(イシニャ-ナマンガ間)及びタンザニア国内(シンギダ-ババティ-アルーシャ-ナマンガ間)3ロット(計4ロット)の400KV送電線建設工事
(Procurement of Plant, Design, Supply, and Installation of 400kV Overhead Transmission Line under the Kenya-Tanzania Power Interconnection Project)
予定時期:2015年7月(済)
(※1)今次円借款の対象外。AfDBの支援により、ACFA実施ガイドラインのとおり、AfDBの調達ルールに基づき行われます。
(※2)ACFA実施ガイドラインのとおり、AfDBの調達ルールに基づき行われます。