ブルンカ地方における人間の安全保障を重視した地域住民参加の総合リハビリテーション強化プロジェクト

ブルンカ地方における人間の安全保障を重視した地域住民参加の総合リハビリテーション強化プロジェクト

コスタリカ国(以下「コ」国)は1998年国勢調査では、人口の5.4%が何らかの障害を持っている。また、平均寿命が長く、今後リハビリテーションサービスを必要とする高齢者数の増加が見込まれる。「コ」国ではこれらの人々の生活の質の向上を目指し、社会的弱者を重点分野に定め、障害者機会均等法を1996年に制定したが、制度・政策面と現実の間には大きなギャップが存在するのが現状である。障害者を対象とした社会サービスの地域格差は深刻で、地域レベルでのサービスの脆弱性により、首都圏にあるリハビリテーション提供機関も飽和状態になっており、これを解決するには地方都市を拠点として地域の住民参加を伴ったサービスの行き届…

更新情報

5月25日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
コスタリカ
課題:
社会保障
署名日:
2007年2月23日
協力期間:
2007年3月2日から2012年3月1日
相手国機関名:
コスタリカ国家リハビリテーション特殊教育審議会