東ティモール国立大学工学部能力向上プロジェクト

2000年11月に開校した国の唯一の公的高等教育機関である東ティモール大学は、国造りを担うべき技術系人材の育成の観点からインドネシア時代の旧東ティモール・ポリテクニックを母体とした工学部を設置したが、教官が指導に十分な知識を有していないことや、独立に伴う1999年8月の直接投票後の混乱によって教育機関施設を含む物的インフラの7割以上が破壊されて使用不可能であることから、教育の質が著しく低く、これまでに無償資金による機材供与や技術協力による専門家派遣、教官の長期研修(国費留学)等の支援が行われた。さらに2006年4月から2010年3月には、同大学工学部の強化に不可欠な教官の能力向上を目的とした「…

更新情報

5月6日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月30日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月9日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月6日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月8日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
東ティモール
課題:
教育
署名日:
2011年1月31日
協力期間:
2011年2月1日から2016年3月31日
相手国機関名:
教育省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。