母子保健統合サービス強化プロジェクト

ラオスにおける母子保健状況は改善されつつあるものの、妊産婦死亡率405(対出生10万)、乳幼児死亡率98(対出生1000)(出典:2005年国勢調査報告書)と依然として東南アジア地域の中でも特に高く、母子保健状況の改善は急務にあります。しかし、地域住民の健康衛生に対する認識は低く、道路等のインフラの未整備、文化的障壁等の理由もあいまって、多くの住民が十分な母子保健サービスを受けていません。

このような状況を改善するために、ラオス国保健省は第6次保健セクター開発計画(2006 - 2010)において、母子保健を重点課題のひとつとして掲げ、母子保健事業を強化する取り組みを進めています…

更新情報

6月18日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月8日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月2日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月7日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月13日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ラオス
課題:
保健医療
署名日:
2010年3月10日
協力期間:
2010年5月25日から2015年5月24日
相手国機関名:
保健省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。