アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)「修士課程およびインターンシップ」プログラム Master's Degreee and Intenship Program of African Business Education Initiative for Youth

1.プログラムの背景

2013年6月に、我が国は第5回アフリカ開発会議(TICAD V)を開催し、官民一体となってアフリカにおける強固で持続可能な経済成長を支援する政策を示しました。安倍総理による冒頭スピーチで表明された「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(African Business Education Initiative for Youth、以下、ABEイニシアティブ)は、5年間で1000人のアフリカの若者に対し、日本の大学や大学院での教育に加え、日本企業でのインターンシップの機会を提供するものです。このイニシアティブは、TICAD Vに先がけて政府に提出された「TICAD V推進官民連携協議会提言書」の中で重要な点として指摘された、アフリカの民間セクターや公的部門における人材育成、アフリカ各国が日本の優れた技術や日本企業への認識の深化、またそのために我が国を訪れるアフリカ人の増加に応えようとする支援策の1つです。

2.「修士課程およびインターンシップ」プログラム

JICAでは、ABEイニシアティブの主要な取り組みとして、「修士課程およびインターンシップ」プログラムを開始します。このプログラムでは、アフリカ諸国にて産業開発を担う優秀な若手人材を外国人留学生(以下、研修員)として日本へ受入れ、本邦大学における、原則として英語による修士課程教育と、企業への見学およびインターンシップ実習を実施中です。プログラムを通じて、アフリカにおける産業開発に資する日本とアフリカの間での人脈が形成され、日本企業がアフリカにおいて経済活動を進める際の水先案内人として活躍することが期待されます。

研修員の受け入れを行う分野は、工学系、農学系、経済・経営学系をはじめ、全ての学術分野を対象とします。但し、応募者の志望分野および志望理由が、プログラムの趣旨(アフリカにおける産業開発に資する人脈の形成と、アフリカにおける日本企業の経済活動の水先案内人となることへの期待)に合致すると認められる場合に限ります。

3. 日本企業へのご案内

このプログラムを通じて、将来、日本企業のアフリカ諸国での活動に貢献しうる有望な若者を発掘し、つながりを持つことができます。さらに、研修員との交流により、現地の実情について知見を得ることができるため、ビジネス・チャンスの発掘にも役立ちます。
ご関心のある企業は、事前登録をしていただくことで、次の情報にアクセスいただけます。

  • 来日研修員の詳細プロフィール
  • 各種ビジネスセミナー、交流会、イベントの案内、等

また、本プログラムは次の方法でもご活用いただけます。

  • 応募者の推薦(応募時)※インターン受入れが必須となります。
  • 企業見学の受入れ(来日時、夏季休暇など)
  • インターン受入れ(夏季・修士修了後)

詳細は以下をご参照ください。

4.対象者、応募要件

このプログラムでは、次の3つのカテゴリの人材を研修員として受入れます。

  1. 民間人材(将来および現在民間セクターにおいて経済活動を担う若手人材)
  2. 政府人材(政府の公的部門において産業政策の策定や実施に従事する行政官等の若手人材)であり、日本企業からの推薦があるもの
  3. 教育人材(アフリカの高等教育・訓練機関において将来の産業人材の育成を担う教官等の若手人材)であり、日本企業からの推薦があるもの

また、研修員としての応募要件は以下のとおりです。

  • アフリカ54ヵ国のいずれかの国籍を有する者
  • 来日年の4月1日時点で、年齢が22歳から39歳までの者
  • 学士号を取得している者
  • 政府人材および教育人材の場合、6ヵ月以上の職務経験を有する者
  • 政府人材および教育人材の場合、所属組織から応募の承諾を得ている者
  • 日本の大学にて修士課程を修了するにあたり、十分な英語力および学力を有する者
  • 本プログラムの目的を明確に理解した上で長期研修を修了し、帰国後も日本との紐帯を強固にしつつ、母国の産業開発に貢献する明確な意思を有する者
  • 他の団体からの奨学金を受給していない、あるいは受給予定でない者
  • 心身ともに健康である者

5.受入れ時期、人数

研修員の受入れは、4バッチに分けて行います(来日時期は、2014年9月、2015年9月、2016年9月、2017年9月を原則とします)。研修員1人当たりの来日期間は、最大3年(例外として3年半)とし、研究生(科目等履修生)として半年間(日本側の入学時期によるごく例外として1年間認める場合あり)、修士課程正規生として2年間(1年間コースの受け入れもあり)、修了後の企業でのインターンシップ期間として最長半年間滞在することが想定されます。研修員の人数は、予算の成立をもって確定されます。

  1. 2014年度 第1バッチ 156人(来日済)
    対象国:エチオピア、ケニア、コートジボワール、スーダン、タンザニア、南アフリカ、モザンビーク、ルワンダ
  2. 2015年度 第2バッチ 317人(来日済)
  3. 2016年度 第3バッチ 300人
  4. 2017年度 第4バッチ 100人

6.第4バッチ応募様式(For Applicants of 4th Batch)

7.お問い合わせ

独立行政法人 国際協力機構 人間開発部 高等・技術教育チーム
ABEイニシアティブ担当 三浦佳子、後藤亜季、小島亮子
E-mail:hmtth@jica.go.jp
TEL:03-5226-8337、8377

8.参考資料

9.よくある質問

更新中

10.ニュースリリース

2015年4月10日
「ABEイニシアティブ」の留学生が日本企業と交流―アフリカビジネスの水先案内人として
2014年10月7日
アフリカの人材育成のための「修士課程およびインターンシッププログラム」が始動
2014年8月21日
アフリカの産業振興に向け、日本での修士号取得とインターンシップの機会を提供