各種事業紹介

現在の場所は

基礎調査について

基礎調査について

JICAは、中小企業がお持ちの優れた技術力を開発途上国の経済社会開発に活かしていただくため、中小企業の情報収集と事業計画立案を支援し、JICA等が行うODA事業との連携を検討することを目的に、「基礎調査」制度を設けています。

※本制度は、2012年度に「中小企業連携促進調査(F/S支援)」として試行的に実施し、その後2014年度まで「中小企業連携促進基礎調査」として実施していたものです。

事業概要

事業の目的

中小企業からの提案に基づき、中小企業の持つ優れた技術力と商材、事業アイデアによる開発課題解決の可能性及びODA事業との連携可能性の検討に必要な基礎情報の収集と事業計画案の策定に係る調査を実施する。

調査内容

下記を網羅した調査を実施していただきます。

調査対象国

JICA事務所または支所が設置されているODA対象国を原則としています。

対象分野

「環境・エネルギー」「廃棄物処理」「水の浄化・水処理」「職業訓練・産業育成」「福祉」「農業」「医療保健」「教育」「防災・災害対策」

調査期間

数ヶ月〜1年程度

調査の経費

上限金額850万円(消費税を含む)。

公示・募集、説明会情報

応募の手続きにつきましては、下記「公示・募集説明会情報」をご覧ください。

採択事業

採択事業リストはこちらから

事例紹介

問合せ先