独立までのJICAの取り組み

2011年1月に実施された住民投票の結果により、「南スーダン」は2011年7月に、アフリカ54番目の国として独立しました。今後、新しい国づくりに向けた取り組みや復興支援のさらなる加速が期待される南スーダンですが、JICAは、2005年の南北包括和平合意の締結直後から、南スーダンの主要都市・ジュバに拠点を置き、さまざまな復興支援事業を行ってきました。JICAによる南スーダンに向けたこれまでの取り組みや、支援やプロジェクトに携わるJICA職員、専門家、南スーダン関係者のインタビューを紹介します。

インタビュー

トピックス

池上彰と考える!ビジネスパーソンの「国際貢献」入門