サヘル地域のテロ対策能力を強化

−西アフリカ8ヵ国の刑事司法幹部が来日−

2014年3月31日

法務省を視察する研修員

JICAは、2月16日〜3月11日、西アフリカ8ヵ国の裁判所、検察、警察の幹部25人を研修員として招き「仏語圏アフリカ刑事司法研修」を、国連アジア極東犯罪防止研修所(UNAFEI)(注1)の協力で実施した。8ヵ国は、サヘル地域(注2)のセネガル、チャド、ニジェール、ブルキナファソ、マリ、モーリタニアの6ヵ国と、紛争からの復興過程(ポストコンフリクト)にあるコートジボワールとコンゴ民主共和国の2ヵ国。研修員はテロなどの国境を越えた組織犯罪への地域としての対応や、内戦後の不処罰問題(注3)などへの対応について学んだ。

この研修は、2013年6月に横浜で開催された「第5回アフリカ開発会議(TICAD V)」で「平和と安定、民主主義、グッドガバナンスの定着」が達成すべき目標の一つに位置付けられたことから、日本政府がサヘル地域や大湖地域(注4)などの平和の定着支援を掲げるとともに、「テロ対処能力向上」のために司法分野などの行政官育成の支援を表明したことを受けて実施された。JICAとしては、刑事司法分野でフランス語圏アフリカを対象とした初の広域研修となる。

サヘル地域とポストコンフリクト国が直面する課題

サヘル地域はサハラ砂漠の周縁部にあり、干ばつによる食料危機や不十分な社会サービスなど、「貧困」と「低開発」の問題に絶えず直面してきた。加えて近年は、イスラム武装組織が勢力を拡大し、テロなど国境を越えた組織犯罪の温床になっていることから、地域的な取り組みが急務となっている。一方、ポストコンフリクト国では、平和で安定した国を再建するため、刑事司法への信頼回復と国内融和の促進が課題となっている。

このようにサヘル地域、ポストコンフリクト国では、捜査から訴訟に至るまでの刑事司法プロセスの効率化・迅速化が求められている。

TICAD Vに先立つ2013年1月、アルジェリアのイナメナスで、日本企業も巻き込まれた人質拘束事件が発生し、世界を震撼させた。JICAは同年5月、サヘル地域各国から治安と民生の専門家を招いて「サヘル・サハラ地域専門家会合」を開催し、TICAD Vで表明されたサヘル地域に対する日本の支援策の検討に貢献した。

近隣諸国連携のきっかけに

各国の状況を発表し、テロ対策を討議

研修は主に東京都府中市にあるUNAFEIで行われた。研修員は捜査、起訴、訴訟までの効率的な刑事司法システムについて日本の事例を学んだり、各国の状況を発表したり、テロなど国境を越えた組織犯罪に地域としていかに対応するかについて意見を交換したりした。また、警察署、最高裁判所、東京地方検察庁など日本の刑事司法の中枢を視察した。

サヘル地域が直面する組織犯罪への対応には、近隣国との連携が不可欠。ブルキナファソのワガドゥグ市中央警察のウェネルビシダ・ダルガ署長は、「テロなど国境を越えた犯罪に対抗するには、他の国々との協力が非常に重要だが、今回の研修に参加しなければ、近隣国の取り組みを知る機会がなかった。隣国で働く仲間たちと意見交換できたことは有益だった」と語った。

また、ポストコンフリクト国では、国民の刑事司法に対する信頼回復のためにも、捜査、起訴、訴訟に至る刑事司法プロセスの改善を通じた、不処罰問題を含む犯罪への適切な法の執行が課題となっている。内戦を経験したコートジボワールのアビジャン裁判所検事局サボレ・ギロ次席検事は、「機能的で整然とした日本の刑事捜査に感銘を受けた。帰国後、自国の刑事司法システムをより効率的なものにしていきたい」と意気込む。

平和と安定のために

最終発表を行うマリの研修員(左からジョゼフ・ドゥンビア司法警察本部司法捜査部部門長、ガオ裁判所検事局のガウソウ・サヌ検事、トンブクトゥ裁判所のカッスン・コヌ所長)

約3週間の研修を終えて、モーリタニア国家警察本部治安統括部門のネハ・エレヤット捜査部長は「テロや麻薬取引など、サヘル地域に共通する問題に、積極的に取り組んでいきたい」と今後の抱負を語った。また、コンゴ民主共和国の国家警察で女性や子どもの保護に取り組むンゴヤ・ントゥバさんは「平和はわが国の発展のために不可欠なもの。刑事司法システムの改善に取り組むことで、平和で安定した国の再建に貢献したい」と述べた。参加者は、自国の平和と安定のため、日本で学んだことを積極的に活用していくつもりだと、口々に語った。

JICAは研修を通じて、サヘル地域に対しては地域間の連携を促進することで、テロなどの組織犯罪への対策を強化していく。不処罰の問題を抱えるポストコンフリクト国に対しては、刑事司法プロセスの改善を支援することで国内融和を促進し、平和と安定に貢献していく。


(注1)国連と日本政府との協定に基づいて設立された国連の地域研修所。アジア太平洋地域をはじめとする各国の刑事司法の健全な発展と相互協力の強化に努め、これまで世界4,900人以上の刑事司法人材に対して研修を実施。 
(注2)サハラ砂漠の南辺、おおよそ北緯20度から12度の間に位置する地域とされ、エチオピア、エリトリア、ガンビア、ジブチ、スーダン、セネガル、チャド、ナイジェリア、ニジェール、ブルキナファソ、マリ、モーリタニアなどが含まれる。
(注3)内戦中の戦争犯罪人に対する処罰が適切に行われていない問題。内戦後の国内融和を阻害する要因とされる。
(注4)ウガンダ、ケニア、コンゴ民主共和国、タンザニア、ブルンジ、ルワンダなどのグレートリフトバレー(大地溝帯)内の湖を取り囲む地域。