開発パートナーシップ関連トピックス/プレスリリース/セミナー・シンポジウム報告

2017年度

2月16日
北岡理事長がアンデス開発公社(CAF)のカランサ総裁と会談
1月26日
北岡理事長が英国を訪問:政府関係者との会談の他、王立国際問題研究所主催のセミナーに登壇
1月11日
IMF主催、JICA協力セミナー「Initiative for Macroeconomists of the Future エコノミスト養成プログラム:第2回「マクロフレーム」」の開催
12月18日
北岡理事長がグテーレス国連事務総長と会談
12月18日
北岡理事長がビル&メリンダ・ゲイツ財団のサズマン最高戦略責任者と会談
12月15日
北岡理事長がWFPのデイビッド・ビーズリー事務局長と会談
12月15日
UHCフォーラム2017開催:すべての人の健康の実現に向け、「UHC東京宣言」を採択。北岡理事長が登壇し、JICAの取り組みの強化を表明
12月14日
北岡理事長が東京大学で開催された科学技術イノベーション(STI)のイベントに登壇
12月11日
北岡理事長がアメリカのハガティ駐日大使と会談
11月30日
南南協力EXPO2017「開発協力局長級ハイレベル会合」
11月28日
世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017−防災への事前投資の重要性を議論−
11月7日
北岡理事長が「国際女性会議WAW!2017」に登壇:途上国の女性起業家に対する支援の重要性を強調
10月27日
北岡理事長が米州開発銀行(IDB)モレノ総裁、米州投資公社(IIC)スクリベン最高経営責任者と会談
10月17日
長谷川理事が世界銀行グループ・IMF年次総会の防災イベントに登壇
10月11日
北岡理事長が国連のモハメド副事務総長と会談
9月28日
ADBとの連携を強化する2017年度ハイレベルリトリートの実施
9月25日
北岡理事長が米国を訪問:国連総会サイドイベント「UHCを推進する世界のリーダー達」に登壇した他、関係機関のトップと面談
9月12日
北岡理事長がUNEPのソールハイム事務局長と会談
8月10日
「Initiative for Macroeconomist of the Future エコノミスト養成プログラム:第1回「マクロフレーム」」の開催
7月28日
越川副理事長が国際農業開発基金のウングボ総裁と会談
7月24日
第4回JICA−世銀グループ・ハイレベル対話を実施:SDGs達成に向けたさらなる民間資金動員、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)や栄養改善における一層の連携推進等で合意
6月13日
北岡理事長がNEPADのマヤキ長官と会談
6月8日
第3回世界復興会議
6月6日
アフリカにおける農業セクターの取組を欧州の援助関係者に発信
6月5日
米州開発銀行及びJICA共催セミナー「共感性に支えられた新たな金融手法:中南米地域における活用の可能性」
6月1日
“Contribution to Achieving SDGs: China and International Partners”セミナー
5月19日
「食と栄養のアフリカ・イニシアチブ(IFNA)」第1回パートナー会合 皆が健康で活躍することを目指して−5人に1人が栄養不足であるアフリカの現状を改善するために−
5月12日
国際連合食糧農業機関(FAO)と持続可能な開発目標やアフリカでの新たなイニシアティブを踏まえてより一層協力関係を強化
5月9日
国際労働機関(ILO)と協力覚書に署名:廃棄物管理の労働安全衛生やグリーン・ジョブ分野の連携強化を通じて大洋州地域における廃棄物管理改善に貢献
5月8日
国際開発金融クラブ(IDFC)運営委員会
5月8日
アジア開発銀行と協力覚書に署名:高齢化の進むアジアで保健分野における連携を強化
5月8日
国際金融公社と業務協力にかかる覚書を調印:途上国の民間セクター向け協調投融資を促進
5月7日
第50回アジア開発銀行年次総会にて北岡理事長が高齢者支援に関するセミナーに登壇:JICAは様々な機会にて積極的に発信
5月7日
ADB総会セミナー「アジア太平洋地域における経済発展の経験と南南協力」
5月5日
ADB総会セミナー「持続可能な開発に向けたアジア資本の動員」
5月5日
ADB総会セミナー「目標から行動まで:国家計画の策定における持続可能な開発目標の統合」
5月4日
ADB総会セミナー「日本の衛星技術を活用した開発協力」
5月4日
南南・三角協力ワークショップ
4月27日
世界銀行グループ・IMF春季会合においてインフラ、防災、保健等のイベントに登壇
4月21日
「ワクチン接種」でつくるパキスタンの未来、ゲイツ財団と連携も——「世界予防接種週間」に寄せて
4月10日
TICAD VIフォローアップ・イベント アフリカの構造転換を通じたSDGsの達成