制度概要・公示情報・よくある質問・お問い合わせ先

制度概要

目的 開発途上国における持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するビジネスを計画している本邦法人からの提案に基づき、ビジネスモデルの開発、事業計画の策定、並びにJICA事業との協働事業の可能性について検討・確認を行うもの。
対象事業 開発途上国におけるSDGsの達成に貢献するビジネス(BOPビジネスを含む)
調査費用 調査に必要な費用のうち1件あたり5,000万円を上限(消費税を含む)とする。
調査期間 最大3年間
調査範囲 投資環境・ビジネス環境、パイロット事業を通じたビジネスモデル構築、事業計画、事業化により改善されるべき開発課題に関する状況、連携可能性のあるJICA事業の内容に係る提案等

公示情報

今回公示(2016年度)について

「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」(旧:協力準備調査(BOPビジネス連携促進))は2016年度公示中(2月17日公示)です。
応募の手続きにつきましては、「調達情報」の告知・公示情報にあります途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査(旧:BOPビジネス連携促進)をご覧ください。

公示に関するご質問への回答

ご質問の受付は終了致しました。今回お知らせする質問回答が、締切日時までに頂いたご質問すべてに対する回答です。

以下ページに掲載されている「Q&A(よくあるご質問と回答)」もご参照ください。

説明会情報

「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」業務説明会

2017年2月21日(火)東京開催、2月23日(木)大阪開催

業務説明会は終了致しました。多数の方にご参加いただき、ありがとうございました。
当日の説明資料は以下よりご覧いただけます。
【配布資料】

「途上国ビジネス成功の条件−SDGsをビジネスチャンスに−」(2017年2月1日、6日開催)

Facebookによる情報提供のご案内

Facebookの公式アカウントを通じて、民間連携事業部に関連する情報提供を行っていますので、情報提供をご希望の方は、ご登録ください。

お問い合わせ先

民間連携事業部連携推進課
TEL:03-5226-6960
MAIL:ostpp-contact@jica.go.jp