民族・言語

民族

アフガニスタンは多民族国家と言われます。確かに2004年1月に発布された憲法の第4条によれば、「アフガニスタンの国家は、パシュトゥーン、タジク、ハザラ、ウズベク、トルコマン、バルーチ、パシャイー、ヌーリスタニー、アイマーク、アラブ、キルギズ、ギジルバーシュ、グージャル、ブラーフウイーと他の諸民族から構成される」とあります。

しかし、歴史の項でも触れるように国家としてのアフガニスタンは、人口割合で40%程度を占めると言われる多数派パシュトゥーン民族による支配が続いてきました。その中でドッラーニー部族連合とギルザイ部族連合という2大部族集団が、18世紀以来政治的に優勢な地位を保持し、その中でドッラーニー部族連合が1973年のクーデターで失脚するザヒール=シャー国王に至るまで王位を継承してきた歴史でもあります。

パシュトゥーン民族はパキスタン側にも多く居住しており、同民族の中には英国によって押し付けられたデュランドラインによる民族の分割を乗り越え、パシュトゥーン民族による国家「パシュトゥーニスタン」建設を目指す動きがあります。そうした事情もありアフガニスタンおよびパキスタンの国境は両国において合意されたものとはなっていません。

なお、特にパキスタン側国境付近にある連邦直轄部族地域(FATA:Federally Administrated Tribal Area)では、住民であるパシュトゥーン民族の自治が大幅に認められており、パキスタン政府の管理も徹底できないことから、イスラーム過激派と呼ばれる反政府勢力の温床になっていると米国等からの批判を受けています。

その他の民族では、ハザラ民族が歴史的には相対的に低い社会的地位にありました。これは19世紀後半、国家統一を果たすためにシーア派であるハザラ民族居住地の中央高地(ハザラジャート)を制圧し、パシュトゥーン民族に土地を分配するなどハザラ民族を抑圧した、当時のラフマン国王の政策に遡ります。

タジク、ウズベクといった民族は隣国のタジキスタン、ウズベキスタンとの関係が強く、アフガニスタン北部の多住地域では民族指導者のもとに結束し、地方政治はもちろん中央政界にも大きな影響力を持っています。

言語

言語については、憲法第16条で、「パシュトー語、ダリー語、ウズベク語、トルコマン語、バルーチー語、バシャイー語、ヌーリスタニー語、パミール語そして国内で使用されているその他の言語の中で、パシュトー語、ダリー語を国家の公用語とする」とされています。

ダリー語はペルシャ語の方言とされますがあまり違いは無く、両者の意思疎通は問題なく行なわれます。ところで、そもそもパシュトゥーン人が統治してきたアフガニスタンでダリー語が官公庁を始めとして多く用いられるようになった理由は、かつてアフガニスタンの上流階級が、社会、経済ほかの面で進んでいると思われていたペルシャを意識し、ダリー語を宮廷言語として採用したことに由来すると言われています。

一方、パシュトー語は当然の如くパシュトゥーン民族を中心に使用されることは多いですが、カブール等都市部では多くの国民がダリー語とパシュトー語の両方を理解します。例えば、新聞等での求人広告の資格要件には、「言語:英語、ダリー語及びパシュトー語に堪能なもの」と掲載されることが多いです。

なお、上述の憲法第16条後段では、「大部分の人々がパシュトー語、ダリー語以外の言語を話す地域ではその言語を第3言語として公用語とできる」旨の記述もあり、他民族多言語の現状に配慮しています。

主要参考文献

登利谷正人 訳 「アフガニスタン新憲法翻訳」鈴木均 編『ハンドブック 現代アフガニスタン』明石書店 2005年