政治

立法府—議会と選挙

アフガニスタンの議会は二院制で、上院(Meshrano Jirga)と下院(Wolesi Jirga)で構成されます。現在の選挙法によると、下院の定数は249議席で、任期は5年。2010年に選挙が行われ、次回選挙は2015年に予定されています。各県が一つの選挙区となり、人口に応じて議席定数が配分されています。更にクチと呼ばれる遊牧民の選出は全国区となっており、彼らには一定の議席(現在の選挙法では10議席)が与えられています。

上院の定数は選挙法では「県の数の3 倍」と定められており、現在は34県の3倍、即ち102議席です。このうち、「3分の1は県議会から選出され任期4年、3分の1は郡議会から選出され任期3年間、3分の1は大統領の任命で選ばれ任期5年」との憲法(第84条)には定められていますが、現実には郡議会が未結成のため、現在まで各県の県議会から2名ずつが上院議員になっています。

現在、アフガニスタンでは長らく政党を中心とした政策論議は行なわれていませんでしたが、2010年に政党法が制定され、政党の登録手続きなどが定められたのに伴い、何十もの政党が登録され、活動しています。しかし政党の性格や体制の整い方はまちまちで、必ずしも政党に基いて政治が動くとは限らない状況です。その時々の情勢で議会における多数派工作が行なわれると、政党や政治グループに縛られず個々に立場を翻す議員が出るなど、政局が不安定化する原因ともなっています。例えば、昨年まで大統領に反対する勢力だった下院が、今年は次第に大統領の方針を支持する方向に変わる、などということもあるのです。

アフガニスタンにおける基本的な立法過程では、法案が政府、議員等により下院に提出されると1ヶ月以内に審議され、定数の3分の2以上の賛成があれば可決されます。その後、上院に送られ15日以内に判断がなされ、最終的に可決されれば大統領府に送られ大統領の署名によって法制化される決まりです。もし大統領が署名を拒否した場合でも、15日以内に下院の3分2以上の賛成が得られれば可決、法制化されます。(憲法第94条)。しかし、実際にこの通りスピーディに可決、否決が決まるとは限らず、長期間に渡り結論の出ない法案もあります。また、議会休会中の緊急時には、大統領の署名をもって法律を成立させることも可能なため(憲法第79条)、議会が反対していた法案が、議会休会中に大統領の署名で正式な法律となったケースもあります。こうした場合、議会は再開後に反対を唱え、投票することが可能です(同79条)が、実際にそのような手続きを取るとは限りません。

行政府—内閣

アフガニスタンでは、大統領の下に副大統領が二人います。現在、第一副大統領は旧北部同盟でタジク人のファヒム氏、第二副大統領はハザラ人のハリリ氏で、パシュトゥン人のカルザイ大統領と共に国政に当っています。複数の民族が共存するアフガニスタンを治めるには、民族バランスに配慮することが大切なのです。

アフガニスタン政府には25の省があり、内閣にはこれらの省の大臣の他、省を持たない上級大臣、議会担当大臣などの閣僚がいます。国境・部族問題省、麻薬対策省、難民帰還省など、アフガニスタンならではと思われる省もあります。また省の他に政府機関として、検察庁や国家治安局、地方行政局や、監査、汚職対策、公務員人事制度などを担当する機関がそれぞれ存在します。これらの組織も、アフガニスタンの統治がより良く行われるために、重要な役割を担っているのです。

司法府−裁判所

アフガニスタンには、初等裁判所、高等裁判所、そして最高裁判所があります。高等裁判所は全国各県に設置することが定められており、高等裁判所の各管轄内の各郡や県都に初等裁判所があるほか、未成年の事件など特定の分野を扱う初等裁判所などが法的に定められています。

しかしながら、アフガニスタンの厳しい治安状況や司法の人材不足のため、必ずしも全ての郡に裁判所がきちんと設置されているわけではなく、住民が司法にアクセスしづらい場所も少なくないのが現状です。初等裁判所では3名の判事による判決が基本ですが、判事が不足している場合は2名以下でも判決を下すことが法的に許されています(「裁判所の司法権と組織に関する法」第6条3項)。また必要と認められれば高等裁判所の判事が郡部に出張することもあります。高等裁判所では3名の判事による判決が義務付けられています。最高裁判所には、大統領の任命を受け下院の承認を得た9人の判事が、10年の任期で配置されます。

通常、初等裁判所の判決に不服な場合には高等裁判所に控訴できますが、基本的には高等裁判所が最終審とされ(同法第35条)、最高裁判所は、下級審での法律の適用や解釈の正当性などを判断するのみと定められています(同法第6条)。

地方行政

アフガニスタンには34の県があり、県の下には郡があります。郡の数は県によりまちまちですが、全国で計398郡あります(県都34を含む)。アフガニスタンの県知事は、大統領の任命により決まります。副知事は最近まで県知事などの意向を踏まえ決められることが多かったのですが、現在、アフガニスタンでは公務員の公平な登用が推進されており、副知事は政府が定める手続きに則って能力主義で任命されるようになって来ています。各県には県議会があり、県議会議員は選挙で選出されます。直近の選挙は2009年、大統領選挙と同日に投票が行われました。

また、県には中央省庁の出先機関(局)も存在します。例えば、農業省は県レベルに農業局を持ち、中央の省と連絡しながらその県に合った農業振興に勤めているという具合です。JICAのプロジェクトは、中央省庁の他、こうした県レベルの役所とも相談しながら進められています。

【アフガニスタン事務所】