年度末経理処理に伴う、『精算報告書提出期限延長申請書』の一時受付中止について

2018年2月1日
調達部

業務委託契約にかかる精算報告書の提出期限については、「業務委託契約約款」第14条第1項にて契約履行期間の末日を大原則としつつ(注)、同条同項ただし書きを以て「発注者の了解を得た場合は、履行期限後30日まで提出期限を延長することができる」としています。
これに基づき、受注者の皆様にて履行期限内に精算報告書の提出ができないと見込まれる際には、『精算報告書提出期限延長申請書』をご提出いただき、調達部にてこれを可と判断した場合に限り、履行期限後30日を限度として精算報告書の提出期限の延長を認めてきました。

しかしながら、年度末に履行期間を終了する案件の精算において上述の期限延長を認めた場合、年度末経理処理およびそれに付随する諸業務の実施に支障をきたす恐れがあります。

したがいまして、大変恐縮ながら、2018年2月1日から同年3月31日までに履行期間を終了する業務委託契約については、上記の期限延長措置を中止させていただきますので、ご了承ください。

つきましては、受注者各位におかれましては、上記に該当する業務委託契約については、綿密な契約管理を行い、適切な精算処理を進められるよう、ご留意をお願いいたします。

本件に関してご不明な点がございましたら、調達部契約第二課担当にお問い合わせください。

以上

(注)最新版より前の約款では、条番号並びに条文記載振りが異なっている場合があります。