ハシナ首相臨席の下、国土空間データ基盤(NSDI)に関する国際セミナーを開催しました

2016年6月21日

JICAとバングラデシュ測量局は、6月1日と2日に、国土空間データ基盤(NSDI)に関する国際セミナーを開催しました。日本、インドネシア、インド等からスピーカーを招き、他国の事例も参考にしつつ、参加者はNSDIの理解を深め、バングラデシュ版のNSDI構築に向けた議論を行いました。

JICAは1991年から測量局へ技術協力を中心とした支援を行っており、バングラデシュ全土のデジタル地図がもうすぐ完成するところです。このデジタル地図データと、他機関が保有している地理空間情報等を同じプラットフォームで管理し、都市計画や防災、ビジネスなど様々な分野に有効活用する、というのがNSDIのコンセプトです。

ハシナ首相もセミナーのオープニングに臨席され、NSDI構築の重要性について述べるともに、国の委員会を立ち上げ、バングラデシュ版NSDI導入に向けた検討を始めると決意を表明されました。バングラデシュ政府のイニシアチブの下、JICAは引き続きこの分野での協力を進めていく予定です。

【画像】

【画像】

【画像】