急増する電力・交通需要への対応と災害リスク低減のため、過去最大規模の円借款に調印しました

2016年6月29日

JICAは6月29日、ダッカにてバングラデシュ人民共和国政府との間で計6件、総額1,735億3,800万円を限度とする円借款貸付契約に調印しました。

約1億6,000万人の人口を擁し、縫製、衣料関連産業の発展などにより、年平均6パーセントの急速な経済成長を続けているバングラデシュ。近年、有望な生産拠点となり得る新興国として、日本をはじめとする外国企業から注目を集めています。

一方、運輸・交通ネットワークの構築や電力の安定供給等を実現するインフラ整備の遅れが課題のため、JICAはこれらに対応する複数の事業に円借款を供与します。バングラデシュ初の都市高速鉄道(MRT)となる「ダッカ都市交通整備事業II」、アジア地域の主要都市を結ぶ経済回廊を整備する「クロスボーダー道路網整備事業(バングラデシュ)」、インドに繋がるアジア横断鉄道の一部に鉄道専用橋を建設する「ジャムナ鉄道専用橋建設事業」、より少ない石炭で高効率な発電を行う「マタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業(II)」、エネルギー利用効率の向上のための企業や家庭に省エネルギー機材の導入を促す「省エネルギー推進融資事業」。バングラデシュのさらなる経済成長に貢献することが期待されています。

さらに、世界で最も災害に弱い国とされているバングラデシュでは、人々の生活、経済活動のみならず生命の安全を脅かすサイクロンや洪水等の自然災害対策も重要な課題です。これに対応するため、バングラデシュ政府の災害リスク削減に対する能力強化を目的とした「災害リスク管理能力強化事業」に円借款を供与します。この事業は、仙台防災枠組を具現化した防災円借款事業で、日本の豊富な災害対策の知見・経験の移転が期待されています。

今回の円借款6事業を通して、JICAは今後もバングラデシュのさらなる経済成長に向けた課題への取り組みや社会の脆弱性克服を支援していきます。

詳細はプレスリリースをご確認ください。

【画像】

【画像】