第三国研修ONLINEシステム2010年度版オンエア!

2010年6月8日

「TCTPオンライン(http://www.abc.gov.br/treinamentos新しいウィンドウを開きます)」は第三国研修の募集・応募を行うWeb上のシステムで、2009年から導入されています。2010年度版システムは5月15日にオンエアとなり、既に多くのコースが募集を開始しております。

【写真】

消防・救助技術コース

【写真】

キャッサバ及び熱帯フルーツの生産、加工、利用コース

【写真】

熱帯病コース

今回のシステムは昨年度のバージョンを基に改善を加え、申込・進捗管理・選考を簡略化するための、迅速的で効率的な機能を備えています。

この第三国研修という協力スキームは既に25年間存在しますが、日本とブラジルの三角協力としては初の活動でした。パートナーシップには多分野におよぶブラジルの優良機関が実施機関として研修を運営し(保健、都市開発、農業、環境分野等)、JICAとABCの支援の下に技術移転を行っています。

この25年間において2,300人以上の中南米・アフリカ・アジア地域の技術者がブラジルで研修を受けましたが、研修で学んだ知識・技術を現地に導入していくためのフォローアップ協力のプロジェクトも実施するべく準備を行っております。具体的にはモザンビークで実施準備中のブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)キャッサバ・果樹研究所と野菜研究所の参加による、キャッサバの生産・加工と蔬菜類の加工技術向上プロジェクト、リオ・グランデ・ド・スル州鉄道公社(Trensurb)参加による鉄道運営改善プロジェクト、リオ・グランデ・ド・スル州消防隊(BrigadaMilitar)参加による消防救助技術コースです。

今年度には、次の5コースがブラジルで新しく実施されます。国立宇宙研究所(INPE)とブラジル環境再生可能資源院(IBAMA)の「熱帯雨林モニタリング中核人材育成コース」、オズワルド・クルス財団(FIOCRUZ)の「ポルトガル語圏アフリカ諸国結核対策コース」、国家水資源庁(ANA)の「大規模河川の流出量計測技術コース」、ミナス・ジェライス州ソフィア・フェルドマン病院の「人間的出生・出産コース」、サンパウロ上下水道公社の「無収水管理コース」です。コースの一覧表、実施機関及び応募ページは、URL:http://www.abc.gov.br/treinamentos新しいウィンドウを開きますを参照してください。