技術協力—第3回ALOSプロジェクトセミナーの実施

2010年12月15日

【写真】

開会式:左から芳賀所長(JICA)、パウロ・R・ファグンデス部長(DITEC/DPF)、ルシアノ・エバリスト部長(Dipro/IBAMA)

【写真】

セミナーの様子

2010年11月23日、「アマゾン森林保全・違法伐採防止のためのALOS衛星画像の利用プロジェクト」における中間時点での進捗状況の発表と議論が行われました。第三回セミナーが開催され、開会式ではJICAブラジル事務所の芳賀克彦所長、DPF/DITEC*1のパウロ・ホベルト・ファグンデス部長、IBAMA/Dipro*2のルシアノ・エバリスト部長から挨拶がありました。ALOSプロジェクトの協力機関であるIBAMA、DPF及びJICA専門家によるプロジェクト進捗況の報告に加え、ALOS画像の利用に関するテーマについて、IBGE、EMBRAPA、IMAZON、CENSIPAM、INPEなどといった機関による講演が行われました。

このプロジェクトでは日本陸域観測技術衛星だいち(ALOS(Advanced Land Observing Satellite))の衛星画像が使われており、ALOS画像の提供の他、機材供与や関係者へのリモートセンシングやWeb GISなどの研修が行われています。このパートナーシップにより、アマゾンの森林伐採のモニタリングシステムが改善され、さらにDPFで使われている地理情報システム(InteliGEO)の開発も可能となりました。

セミナーはIBAMA及びDPFにより、プロジェクト情報の普及とリモートセンシング分野の専門家間の情報交換を行う目的で毎年実施されています。

【ブラジル政府機関名】

  • DPF/DITEC:連邦警察/科学技術部(注1)
  • IBAMA/Dipro:ブラジル環境・再生可能資源院/環境保全部(注2)
  • IBGE:ブラジル地理統計院
  • EMBRAPA:ブラジル農牧調査研究公社
  • IMAZON:アマゾン地方人類環境院
  • CENSIPAM:アマゾン保全システムオペレーション及び管理センター
  • INPE:ブラジル国立宇宙研究所
ALOSプロジェクトのサイトにてプレゼン資料が閲覧可能です:
http://br.alos4amazon.com/news/oterceiroseminariofoirealizado/
プロジェクトサイト:
http://www.alos4amazon.com/

JICAブラジル事務所
竹田パトリシア
ノバ ジュリアナ