日系社会と連携した民間連携。「日系病院連携協議会」を開催。

2018年6月26日

2018年5月26日、JICAブラジル事務所/サンパウロ出張所主催、ブラジル日本商工会議所メディカル分科会協力による日系病院連携協議会を開催しました。JICAサンパウロ出張所にて開催された本協議会には、ブラジル日本商工会議所や在サンパウロ日本国総領事館、JETROサンパウロ事務所の他、ブラジルを代表する日系病院とメディカル分科会会員企業を中心とする本邦企業が多数出席しました。第1部では、日系病院間で協議が行われ、日系病院間の連携強化や日本政府及び本邦企業に対する要望や提案について意見交換がなされました。第2部では、日系病院と本邦企業双方による紹介プレゼンテーションが行われた後、日系病院による本邦企業に対する要望や提案について、活発な議論が交わされました。

これまでJICAでは、医療分野における日系研修や日系医師の日本招へい、医療セミナー開催、日系医療機関と連携した民間連携調査団の派遣など、ブラジルにおける医療分野の支援と民間連携を推進して来ました。これまでの活動は、日系病院での人材育成、本邦民間企業のブラジル医療市場進出に向けた調査や実証事業、病院運営改善などに広がりを見せている他、日系病院による日本製医療機器の購入にも繋がっています。本協議会は、日系病院と本邦企業が意見交換出来る場を提供し、双方の理解を深め、有益な関係構築に寄与することを目的に開催されたものです。今後、同様の協議会を継続的に開催していくことにより、ブラジルの医療水準の向上やブラジル国民の福祉向上にも貢献していくことを目指しています。

今回の協議会の成果を踏まえ、出席者からは、今後も継続的な開催を要望する声が上がり、次回は2018年秋頃を目途に開催する方針です。JICAブラジル事務所としても引き続き積極的な支援を継続していく予定です。

【画像】

日系病院間による意見交換(第1部)

【画像】

日系病院と本邦企業による協議(第2部)

【画像】

質疑応答の様子(第2部)