ABEイニシアティブ第4バッチ壮行会を開催

2017年8月28日

2017年8月23日(水)、アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)第4バッチ生7名の壮行会がヤウンデ市内のホテルで実施されました。今回はカメルーンからの研修員5名に加え、カメルーン事務所が兼轄する中央アフリカ共和国とチャドから初めてとなる研修員がそれぞれ1名派遣されます。壮行会には、岡村駐カメルーン日本国大使をはじめ、カメルーン政府援助窓口機関、在カメルーン中央アフリカ大使館、在カメルーン・チャド大使館からも代表者が出席し、7名の日本滞在が実り多いものとなるよう激励のメッセージが送られました。増田カメルーン事務所長は、各国関係者の協力に対する感謝の意を伝えると共に、ABEイニシアティブを通じて、カメルーン、中央アフリカ、チャドと日本との間の相互理解と交流が更に深まり、域内協力関係の促進にも貢献することへの期待を述べました。7名はこれから約3年間、日本各地の大学で修士課程を履修すると共に、本邦企業でのインターンシップを経験し、将来的に日本とアフリカのビジネス交流促進を担う架け橋として活躍することが期待されています。

【画像】

ABEイニシアティブ参加者及び各国大使館からの来賓と共に(前列中央岡村大使、左:増田所長)