ABEイニシアティブ第5バッチ生壮行会を開催

2018年8月30日

2018年8月22日(水)、アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(ABEイニシアティブ)第5バッチ生2名の壮行会がヤウンデ市内のホテルで開催されました。

JICAカメルーン事務所増田所長からの歓迎の挨拶に始まり、来賓の岡村駐カメルーン日本国大使より激励のスピーチを頂きました。また、経済・計画・国土整備省のスミス副課長は日本の協力への感謝の意を述べ、日本で得た知見のカメルーンへの還元に対する期待を述べられました。

神戸情報大学院大学に進むABEMEさんは、カメルーン代表として責任を持って勉学に励む事を宣言し、長崎大学に進むNDIABAMOHさんは、熱帯医療分野において自身の成長を遂げたいと述べました。

壮行会にはカメルーン・トリビューン紙の記者が取材に訪れ、24日(金)付の紙面にて壮行会の様子と共に、ABEイニシアティブの概要や目的が紹介されました。

ABEイニシアティブ第5バッチには、今回の壮行会に出席したカメルーン人2名の他、当事務所兼轄国ではチャドから1名が参加します。3名は8月末に日本へ向けて出発し、修士課程取得や企業インターンシップ等を含むプログラムに最大で2年半参加します。

なお、第4バッチまでのカメルーン及び兼轄国の参加者数は、カメルーン18名、チャド1名、中央アフリカ1名、赤道ギニア4名、サントメ・プリンシペ4名、の計28名となりました。

【画像】

第5バッチ生のABEMEさん

【画像】

第5バッチ生のNDIABAMOHさん

【画像】

行ってらっしゃい!