カメルーン帰国研修員同窓会10周年記念式典及び年次総会を開催

2019年3月30日

2019年3月30日(土)、カメルーンにおけるJICA帰国研修員同窓会(Association des Anciens stagiaires de la JICA、ADAS)が、10周年記念式典及び年次総会を開催しました。式典には40名超の帰国研修員が参加し、大澤勉駐カメルーン日本大使臨席のもと、これまでの帰国研修員同窓会の活動を振り返るとともに、3名の代表者による研修事業で習得した知見の発表が行われました。

これまでJICAの研修事業に参加したカメルーン人研修員はのべ1,250名以上となり、多岐に渡る分野にて知見・技術を活かし同国の発展に貢献しています。また、日本及び日本人の理解を深めて帰国した研修員は、カメルーンと日本の架け橋となるべく、帰国研修員同窓会を通じて交流活動を行い、二国間の関係強化に努めています。

【画像】

【画像】

【画像】