難民支援メニュー登場@カフェ クロスロード (企画展連動企画Meal for Refugees)

提供メニュー例(エチオピア料理ドロ・ワット)

日時:
2017年12月18日(月曜日)から2018年3月11日(日曜日)
11時30分から14時00分
会場:
JICA中部 なごや地球ひろば 食のゾーン「カフェ クロスロード」
主催:
JICA中部

協力:
Meal for Refugees at Nanzan

Meal for Refugees(M4R)は、認定NPO法人難民支援協会が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本「海を渡った故郷の味」から生まれた社会貢献プロジェクト。レシピは全て、日本で暮らす難民の方から教わったもの。その一つひとつに、離れざるを得なかった故郷の思い出が詰まっています。

料理を味わいながら、異国の地で故郷の味を再現する難民に想いをはせることで、世界の問題をより身近に知ることができます。

なごや地球ひろば「カフェ クロスロード」では、12月18日(月)〜3月11日(日)の期間中、ランチメニューにM4Rが登場します!820円(税込)のランチ1食につき、20円が難民支援協会を通じて日本で暮らす難民の支援活動に使われます。週替わりで6つの国のレシピ(シリア、ビルマ(現ミャンマー)、カメルーン、エチオピア、イラン、コンゴ共和国)をご紹介する予定です。

期間中、体験ゾーンでは難民問題をテーマにした企画展「HOME−故郷を離れて−」を開催中。難民について知り、考え、私たちができることを地道に続けることが、難民となった人びとが元の生活を取り戻すための一歩につながります。企画展と合わせて、是非「カフェ クロスロード」のM4Rランチをお試しください。

お問い合わせ:
JICA中部 なごや地球ひろば
担当者:市民参加協力課 駒崎
電話番号:052-533-0120
ファックス:052-54-3751
Eメール:cbictpp@jica.go.jp