初挑戦 娘に負じと ボランティア

【画像】松田 陽子さん

なごや地球ひろばボランティア地球案内人
松田 陽子さん

なごや地球ひろばボランティア地球案内人として、昨年6月のオープン当初から活動されているベテラン案内人。 お嬢さんの真美さんは青年海外協力隊20年度2次隊の保健衛生隊員としてヨルダンへ赴任中。本年10月には任期を満了し帰国予定。 そんなお嬢様の青年海外協力隊派遣をきっかけに、なごや地球ひろばでボランティア地球案内人として活躍されている、松田陽子さんにお話を伺います。
(聞き手:JICA中部市民参加協力課 鍋島光博)

松田さんが、なごや地球ひろばでボランティア地球案内人を始めることになったきっかけについて教えてください。

以前からボランティア活動には関心があったのですが、娘が出発した後に届いた協力隊帰国報告会の案内を見て、娘は一体どのようなところで活動しているのだろうと気になり、JICA中部で行われたJICAボランティア帰国報告会へお友達と一緒に出掛けました。 その時に今度新しく「なごや地球ひろば」がオープンすることとボランティアの募集があることを知り、一緒に行ったお友達共々参加しようと応募したのがきっかけです。

お嬢さんがヨルダンへ派遣されるとお聞きになられた時のことをお聞かせ下さい。

娘は以前ニュージーランドへ留学していたことがあり、その後も再び何処かへ留学したいという話をしていました。 その時に私が「ボランティアとして派遣される海外青年協力隊というものがあるらしいわよ」と言ったら自分で色々と調べていたらしいのですが、ある日突然「私今度、二本松(*)での研修に参加するから・・・」と言い出されたのです。
その時は驚きましたが、元々何でも自分で決めて行動するタイプだったので止めたところで聞かないでしょうし、私も行かないことで後悔して欲しくなかったので、生きて帰ってきてくれればと思って送り出しました。

何事にも前向きなお嬢さんのようですね。 お母様から協力隊のお話しをされたとは驚きました。ヨルダンで活動されているお嬢さんへ何かメッセージがあれば、お聞かせ下さい。

任期も残り少なくなりましたが、悔いの無いように過ごして欲しいですね。 そして無事に帰国してくれれば、それだけで嬉しいです。

ボランティア地球案内人をされて1年が過ぎましたが、普段活動されていて難しいと感じたこと、嬉しかったことについて教えて頂けますか?

来館者の方からは様々な疑問を問い掛けられます。 時には私達ボランティアが対応出来ないようなこともあったりします。 そのような時は、来館者の方の気分を害さないようにと気を遣うところが難しいですね。
嬉しかったことは、協力隊に関心があるという方が来館された時に資料等をお渡ししたら、「本気で協力隊に参加したい」とおっしゃって下さいました。 また、展示のご案内をした時に「私もここでボランティアに参加したいのですが」と言われて色々とお話しをさせて頂きましたが、その後実際に応募された方がおられたと聞いた時も嬉しかったです。

お心遣いありがとうございます。 新たに応募された方々はこの8月から参加されますので、よろしくお願いします。松田さんがボランティア活動をされる際に心掛けていらっしゃることは何かありますか?

私はこれまでボランティア活動をしたことがありませんでした。 子供も手が離れた今、この先は多くの方々に対して何かお手伝いすることが出来ればと思っているので、これからもボランティア地球案内人を続けたいと思っています。

ありがとうございます。 松田さんのご説明は好評だと聞いております。引き続きお願い出来れば幸いです。最後になごや地球ひろばについて感じていることを何でも。

名古屋駅からこんなに近いのに、意外と皆さんなごや地球ひろばを御存じないので、この場所をもっとアピール出来ると良いと思います。 特に駅前からの道案内が無いのが気になっています。 規制や景観の問題もあるかと思いますが、気軽に立ち寄れる場所だということを皆さんにわかって欲しいと思います。

そうですね。私共の抱える大きな課題です。 今日は色々とお聞かせ頂きありがとうございました。 早くお嬢さんの元気な姿を見られると良いですね。


(*)福島県二本松市にある、青年海外協力隊員及びシニア海外ボランティアの派遣前訓練を実施する施設。その他、開発教育支援や政府開発援助に関する啓発活動(講座、セミナー、イベント等)を主体とした市民参加協力事業も行っている。

【画像】

なごや地球ひろばボランティア地球案内人紹介ボードより

【画像】

娘に会いにヨルダンへ

【画像】

ボランティア地球案内人の仲間たちと