【わくわくひろばイベント】—映画とトークで知る・JICAボランティアが紡いだドラマ—を開催しました!

2018年7月19日

映画上映中は、涙を浮かべている方々もたくさんいました

6月24日(日曜)にJICAボランティアをテーマにした映画を上映し、青年海外協力隊経験者によるパネルトークを行いました。

映画は、海外に目を向け国際協力に挑戦しようとする熱き心を持ち、青年海外協力隊に参加した若者たちが、人と人の絆を大切にしようと奮闘する青春物語です。映画を通して青年海外協力隊について知っていただける良い機会となりました。

赴任中に撮影した写真も紹介しながら、当時のエピソードを振り返って頂きました

パネルトークでは青年海外協力隊でパラグアイに看護師の職種で派遣された木村裕美子氏、インドネシアにコミュニティー開発の隊員として派遣された丹羽俊策氏からお話をして頂きました。映画のシーンに絡めて、実体験に基づいた訓練所や派遣先での協力隊員同士でのエピソードや、派遣先の人々との交流や絆にまつわるエピソードなどを紹介していただきました。

参加者からは「映画とあわせてリアルな協力隊を感じられた」、「青年海外協力隊がどのような活動をして、どのような思いを持っているのかわかったので、とてもためになった」などの感想がありました。