大盛況!中小企業とコンサルタントの個別相談会!

2019年1月15日

中小企業も海外へ!

中部地域には世界に通用する高い技術力を持つ中小企業が多くあります。今の便利で快適な日本社会が成り立っているのも、こういった中小企業のたゆまぬ努力によって培われた技術のおかげです。他方、少子高齢化社会到来により日本の国内需要は縮小しており、いよいよ中小企業も自力で海外へ出ていかなくてはならない時代となりました。特に、開発途上国と言われる国々が近年急激な経済成長を遂げ、その市場規模は日々拡大し魅力的な市場へと変貌を遂げています。
しかしながら、日本国内ではこういった開発途上国の現地の情報を入手することは困難であるのも現実です。

優れた技術を持つ中小企業と開発途上国に知見を持つコンサルタントをマッチング

セミナーの様子

個別相談会の様子

 そこでJICA中部では優れた技術を持つけれど開発途上国に関する情報を持たない中小企業と開発途上国に知見を有するコンサルタントのマッチングを図ることを目的に、2018年12月10日(月曜)に「中小企業とコンサルタントの個別相談会」を開催しました。
午前のセミナーの部には40社48名の参加、午後の個別相談会には中小企業23社、コンサルタント20社が参加し、合計で120件の個別相談が実施され、盛況感あふれるイベントとなりました。
 
 午前中のセミナーの部では、JICAの中小企業・SDGsビジネス支援事業の採択企業2社から、自社の海外進出経験をもとに、コンサルタントに期待すべきことや、自社とのコンサルタントの役割分担など、コンサルタントの上手い活用方法について紹介いただきました。実際に進出を果たした企業の生の声は参加者に最も響いたようで、皆さん登壇者の発表に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 午後の個別相談会の部では、それぞれのブースに分かれて個別相談を実施しました。参加した中小企業からは「それぞれ強みを持った多くのコンサルタントと一度に面談ができ、興味がある市場については深く、それ以外の市場についてもビジネスチャンスの情報が得られた」「自社の相談に厳しい意見をくださったコンサルタントもいてかえって信頼できるのではないかと思う」といった声をいただきました。今後の海外進出を進めていくにあたり、よい出会いの場として活用いただけました。





※本個別相談会に参加したコンサルタントは「JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業マッチング相談窓口」登録済みのコンサルタントのうち、本相談会開催案内に対し申込のあったコンサルタントであり、JICAがこれらのコンサルタントを中小企業の皆様に推薦するものではありません。