【JICA中国】第1回国際教育研修会

日時:
2019年7月6日(土曜日)
10時から16時10分
(受付:9時40分から)
会場:
JICA中国 3階 研修室306(広島県東広島市鏡山3-3-1)【会場地図
主催:
JICA中国 (後援:広島県教育委員会、広島市教育委員会、岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、鳥取県教育委員会、島根県教育委員会、山口県教育委員会)

SDGsの伝え方

「誰ひとり置き去りにしない」という理想を掲げ、17分野の目標を2030年までに達成しようと国連で定められたSDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)。採択から今年で4年目を迎え、言葉やロゴを目にする機会も増えてきました。
では、この壮大な世界共通の宿題、まだ知らない人にどう伝えたら良いでしょう?
 環境教育、体験学習、ESD、SDGsなど多様な分野で活躍してきたファシリテーションの達人、川嶋直氏をお招きし、「KP法」(紙芝居プレゼンテーション法)を通じてSDGsの理解を深めます。
 また、学校現場で実際にSDGs理解に取り組んだ先生方の模擬授業を通して、SDGsの伝え方を考えます。
 SDGs、ESD、KP法、参加型手法、主体的な学び…、これらのキーワードの1つでも関心のある方、是非ご参加ください!

【内容】※時間は変更となる場合があります。
○ 10:00~12:00 <講義とワークショップ>
「KP法で考えるSDGs」〜あなたとSDGsの関係を整理しよう〜
講師:川嶋 直 氏(公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長)
1980年代に財団法人キープ協会(山梨県・北杜市)で環境教育事業を組織内起業。以降30年間に渡り参加体験型環境教育プログラムの開発と人材育成を行う。著書に「就職先は森の中」(1998年)、「KP法」(2013年)、共著に「えんたくん革命」(2018年)他がある。2018年より「SDG4.7 プロジェクト運営会議」メンバー。
○ 12:00~13:00 昼食
○ 13:00~15:35 <模擬授業と発表>
「学校であつかう『SDGs』~先生はどう伝え、子どもはどう感じたか~」
講師:横矢 清人 教諭(広島市立牛田小学校・2018年度JICA教師海外研修参加者)
    森﨑 将彦 教諭(広島県立広島国泰寺高等学校・2018年度JICA教師海外研修参加者)
○ 15:35~16:10 <ふり返り>
川嶋氏のアイデアから生まれた「えんたくん」を使って1日の気づきを共有します。
ファシリテーター:川嶋 直 氏

【申し込み方法】
「お名前」「性別」「職業」「所属先(教員の方は校種・担当教科、学生の方は所属学部・学年)」「住所」「E-Mail」をご記入の上、件名を「国際教育研修会申込」として
E-mail(jicacice@jica.go.jp/電話/FAXも可)でお申込み下さい。  

【参加決定について】
参加が決定した方には、実施3日前までに当日の詳細を含んだ参加通知をメールまたは文書で送付します。3日前になっても通知が届かない場合には、お手数ですがご連絡ください。(メール申込の場合、受信できていないおそれがあります)
※研修会欠席の場合には、必ずご連絡ください。

お問い合わせ:
JICA中国 市民参加協力課(担当:新川)
TEL:082-421-6305
FAX:082-420-8082
E-mail:jicacice@jica.go.jp