《終了》教育研修会「新聞から読みとくSDGs-知る、深める、伝える-」

日時:
2020年12月12日(土曜日)
10時15分から16時00分 (受付:10時)
会場:
合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)ギャラリーAB
(広島県広島市中区袋町6-36)【会場地図 新しいウインドウで開きます
主催:
JICA中国・中国地方ESD活動支援センター・環境省中国環境パートナーシップオフィス

身近な新聞からSDGsを考える

「誰ひとり取り残さない」社会を目指し、国連で定められたSDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)。
教育現場でもSDGsを扱う機会が増えてきましたが、児童や生徒が世界共通の目標を自分事としてとらえるためには、どうしたらよいのでしょうか。

このセミナーでは、最も身近なニュースソースである新聞を用いた教育活動「NIE」(Newspaper in Education;教育に新聞を)について学び、新聞からSDGsの課題を見つけ、持続可能な社会づくりを考えます。
また、地方新聞を活用した教育実践の事例を聞き、地域の課題や強み、魅力を再発見しながら、新聞を活用した授業づくりについても具体的に学んでいきます。

【対象】中国5県の教員、教員を目指す学生、新聞を使った学びの場づくりに関心のある方
【参加費】無料
【定員】40名程度(定員に達し次第、締切)
【後援】朝日新聞社、新日本海新聞社、山陰中央新報社、山陽新聞社、中国新聞社

【プログラム】注)時間等は変更されることがあります
 ●10:15- 開会
 ●10:30- 講義・ワークショップ「新聞×SDGs」 ファシリテーター:有馬進一 氏(日本NIE学会 理事)
  SDGs とNIE を橋渡しするファシリテーターとして、これまで中学・高校での出前授業や教職員セミナー、
  企業研修などを実施。元公立中学校総括教諭(社会科)。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了。
  共著に『はじめて学ぶ 学校教育と新聞活用』(ミネルヴァ書房)、 『新聞で育む、つなぐ』(東洋館出版社)、
  『情報読解力を育てるNIEハンドブック』(明治図書)など。
 ●13:00- 昼食
 ●14:00- 事例紹介・ディスカッション「地方新聞を活用したNIEの実践」 発表者:山陽新聞社、中国新聞社
 ●15:30- ふり返り 

【申込方法】
 「名前」「住所(県名のみ)」「学校名または所属先(教員の方は校種・担当教科、学生の方は所属学部・学年)」
 「連絡先(電話とE-mail)」をご記入の上、件名を「新聞から読みとくSDGs 申込」としてE-mailでお申込み下さい。  
   
【お申込み・お問い合わせ】
 JICA中国 市民参加協力課(担当:新川)
 E-mail:jicacice@jica.go.jp
 TEL:082-421-6305

【お願い】
・新型コロナ感染予防のため、当日朝に各自で検温の上、37.5度以上の方および体調がすぐれない方は、参加をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・研修中は原則マスク着用をお願いいたします。
・入場、休憩時など手の消毒にご協力をお願いします。(消毒液は会場に準備します)
・お申込みの方に、当日の持ち物をご案内いたします。新型コロナ感染予防のため、研修参加に必要な持ち物は各自でご準備くださいますよう、お願いいたします。

注)今後の新型コロナ感染の状況により、対面での実施が困難と判断した場合は、オンライン開催に切り替える可能性があります。その場合は実施10日前を目途にお知らせします。