未来へ続く平和と発展に向けて(シエラレオネ 農業食糧保障森林省上級審議官 ファトマ シメオンさん)

【画像】ファトマ シメオンさん

シエラレオネ 農業食糧保障森林省上級審議官 
ファトマ シメオンさん

広島への訪問、それは忘れかけた昔の夢が実現したかのようでした。広島に降り立つ前まで、私の頭にあったのは1945年8月の原爆により被災した広大な土地、完全に破壊されてしまった街、というイメージでした。この爆撃は、その後の世代にも大きな傷跡を残しました。しかし、私の抱いていたこのようなイメージはいい意味で覆りました。高い近代的なビルが立ち並び、舗装された道路が網の目のように整っている。公共交通機関も便利な街。24時間明かりのともった環境。宮島でさえもそうでした。そこで私は、被爆後の変貌についてふと思ったのです。この想いは、どこから来たのだろう、もし原爆が落ちていなかったら、今の広島はどのようになっていたのだろう。

こう考えたとき、その回答を日本人との出会いで見つけることができました。特に広島の人々との触れ合いやJICA研修で与えていただいた有益で充実した講義の中で、答えを見出しました。もちろん様々な県を訪れたこと、広島市安佐南区での地域の方々との活動、宮島の文化センター、それにすばらしい平和記念公園も、そのヒントをくれたのです。なんて魅力的で輝かしいのだろうか!JICA中国やひろしま国際プラザ、様々な県のスタッフや地域のボランティアの方々など、日本人の働きぶりを見ると、なるほど、日本の発展の背景には明らかに献身的な国民性や熱意、そして仕事に注ぐ思いがあるのが分かります。平和都市広島。日本を去っても、私たちは日本人から受けた印象を忘れることはないと思います。いつまでも続く平和や発展に向けた日本人の思い、そしてこれはここに「平和祈念」という形で残されています。

参加したJICAの「平和構築としてのガバナンス能力強化」研修コースに組み込まれている講義、視察すべては有益であり、印象深く、内容も豊富で、やる気を引き出すようなものでした。研修プログラムは、「平和構築に向けて」という目的に沿うものだったと思います。特に、視察で訪れた広島市安佐南区では、住民の防犯活動をボランティアの方々が担っており、非常に興味深かったです。

日本社会の良い点をそのまま国に活かしたい、と切に思います。しかし、環境の違いが大きく、また私自身の立場では政策やプログラムに直接的な力が十分に届かないこともあり、まずは政府に対し、日本での研修内容を報告したいと思います。そして当局に働きかけ、いくつか実現可能な活動を形にしていきたいと考えています。個人的には、地域発意のプロジェクトを立ち上げ、平和構築を進めていければ、と思っています。

Endeavour towards sustainable peace and development
Coming to Hiroshima is like a long forgotten dream come true. Before visiting Hiroshima, I had a dismal vision of a vastly bombed out area, a town synonymous to total devastated after the 1945, August,26 bombing that wrecked carnage on generations born thereafter. With this background, my expectations were joyfully dashed when I was greeted by tall modern buildings, paved venation of road network, an efficient public transport system and a clean environment with twenty four hours of electricity extending even to the island of Miyajima. Then I began to wonder, Where did the inspiration come from? How would Hiroshima have looked like if it was not bombed?

I found answers to these rhetoric as I interacted with the Japanese people, particularly so with those of Hiroshima and the informative and inspiring lectures we had, not to mention the all important field visits to prefectures at work, community arrangements as in Asa-Minami, the cultural centre of Miyajima and the wonderful Peace Memorial. What a wonderful enviable idea! Statistics permitting the staff of JICA/HIP, the Prefectures and the community volunteers to represent the working class of the Japanese population, then this country has every reason to develop with the manifest commitment, dedication and love they put in their work. Indeed Hiroshima is a city of peace. We are left with an indelible impression about their endeavour towards sustainable peace and development embodied in the fascinating “Peace Memorial”.

Without prejudice, although found every lecture, every sight visit, very exciting, impressive, rewarding, inspiring and challenging, serving the purpose of this training, “Introduction to Peace Building” as a subject and the visit to Asa-Minami Prefecture, where we saw community safety and security arrangement with volunteerism at the centre, were particularly interesting.

If wishes were horses, oh how would I have LOVED TO TRNSPLANT the good values of the Japanese society back home. However, considering the great inequalities and my position in government (not having direct control over policies and programmes), I will inform my government about the good things I have learnt and try to lobby the authorities to implement those which are feasible. Personally, I will implement a community driven project as a peace building initiative.

【画像】

講義後 コースリーダーの篠田准教授と

【画像】

広島市安佐南区内で地域の安全活動拠点として貢献されている コンビニエンスストアを訪問

【画像】

広島市安佐南区内の保育園で園児への安全教育を視察

【画像】

研修の総まとめとして 帰国後の活動計画を発表

【画像】

閉講式後 研修関係者一同と