教えてもらったこと、大切にしていること

広島県国際協力推進員
上田 愛(うえだ あい)

はじめての海外

夕方には子どもたちが水くみ

大学4年の時、「お金がないから卒業旅行は近くて物価の安い国へ行きたい。」そんな単純な理由で訪れたのが、タイとカンボジアです。開発途上国と呼ばれている国であることすら意識していませんでした。
いろいろな場所で、裸の子ども、おなかが膨らんだ子ども、赤ちゃんをおんぶした5歳くらいの子どもに手を出されて何度も言われた言葉「1ダラー!1ダラー!」。初めての経験で、どうしたら良いのか分かりませんでした。「1ドルあげたらこの子は何か食べれるの?何かあげるべき?どうしよう…」。衝撃的な出来事でした。
アフリカやアジアの貧困を取り上げたテレビ番組で見たあの光景が現実だという当たり前のことに気づき、「あの時どうすれば良かったのか?自分に何か出来ることはあるのか?」と、考え始めました。
しかし考えてはみたものの、「特技も資格もお金もない私が、今すぐにあの子どもたちに出来ることなんて何もない」と思い、せめて日常生活で出来る「その人がしてもらって嬉しいと思うことをしよう」「世界のことをもっと知ろう」という、これまた当たり前のことを心がけるようになりました。

大学を卒業して就職、でも…

オーストラリアでは乗馬ファームでツアーガイドをしたことも

大学卒業後は民間企業に就職。世界のことをもっと知りたいと思い、休みの度に海外へ行きました。
そのうち「どうしても海外で生活してみたい!」という想いが抑えられず、会社を辞めてワーキングホリデービザにてオーストラリアへ渡航し、約1年半滞在しました。英語は苦手で知り合いもいない初の長期海外生活。いろいろな国のたくさんの人たちが助けてくれました。優しくしてくれました。いつも誰かが支えてくれました。
「なんで他人の私にこんなに優しくしてくれるの?」と、思わず聞くと「私もこうやってたくさんの人に助けてもらったから。」という答えが返ってきました。この言葉は今も忘れられません。
私もたくさん助けてもらった恩返しがしたいと思い、帰国後は「青年海外協力隊」に参加しました。

青年海外協力隊として〜ブルキナファソでのものづくり活動

色鮮やかな布「パーニュ」は腰に巻いてスカートにも

活動はできることから少しずつスタート

1番の人気商品、ブルキナファソの女性をモチーフにしたポーチ

作業中の女性たちの集中力は驚くほど高く、真剣!

派遣されたのは西アフリカにあるブルキナファソという国で、人は優しく、働き者が多く、全体的にとても素朴な印象です。乾季の暑さは大変厳しく決して生活しやすい環境ではありませんでしたが、またこの国で暮らしたいと思わせる不思議な魅力があります。世界で最も貧しい国の一つと言われていますが、人々はいつも笑顔でとても陽気で、「幸せ」が何なのかを考えさせられました。

私はブルキナファソ第2の都市、ボボ・デュラッソにある障がい者センターでの自立支援活動に携わりました。このセンターでは、足に障がいをもつ人(主に女性)に無料で職業訓練を行っており、ミシンや刺繍などの裁縫技術や織物の技術などを学ぶことができます。その訓練を修了した女性とともに、技術を自立につなげる活動として、現地の人が使用している布を使ったものづくり活動を行いました。

言葉の壁、価値観の違い、設備の問題、車いすで通う女性たちが雨季にはセンターに辿り着くことができないなど、最初は順調にはいきませんでしたが、問題をあげればキリがないので、品質を良くするための型紙づくりや、作業手順の見直し、作業しやすい環境づくりなど、できることからはじめました。

ケンカを重ねて仲良くなるにつれ、分かってきた彼女たちの本音は「収入は欲しいけど家でもやらなければいけないことがある」「ミシンは無いけど家でなら作業できるのに…」「雨季はセンターに行けないから作業できなくて困る」など。また販路開拓の際には、首都の土産物屋のオーナーに「他とは違うユニークなものでないと、売れない」と販売を断られました。そこで、ブルキナファソの女性の顔をモチーフにしたポーチを考案し、皆で試行錯誤を重ねてなんとか商品化しました。これなら、刺繍部分は家でも作業できるので、毎日センターに行かなくても作れます。このオリジナル商品がきっかけとなり、首都の土産物屋での販売も開始しました。すると、生産が追いつかないほどの注文が入る人気商品となり、女性たちの収入も少しずつ増えていきました。自信をつけた女性たちのモチベーションも向上し、お互いに品質チェックをし合うようにまでなりました。

「障がい者が作ったから買う」のではなく、「良い商品だから、かわいいから買う」という継続性のある流れを自分たちでつくりだした女性たち。私が帰国して5年たった今でも、彼女たちの作った商品が首都の土産物屋で人気商品として販売されていると聞いた時は、涙が出るほど嬉しかったです。

相手のことを思いやる、大切にする、してもらって嬉しいことをする

障がい者センターの女性たちと

「たくさんの人に助けてもらった恩返しがしたい」と思って参加した青年海外協力隊。でも実際には、現地の人やセンターの女性たちはもちろんのこと、青年海外協力隊の仲間やJICA関係者、日本の家族や友人など多くの人に支えてもらう毎日でした。結局もらってばかりの私…。 
でも今は、何もない私にもできることがあると思っています。「相手のことを思いやる、大切にする、してもらって嬉しいことをする」全部私が周りの人たちにしてもらっていることです。そして、これは私にもできることです。小さな心がけ、小さな行動ですが、世界を変える第一歩になると信じています。