参加者募集!中南米日系社会との連携調査団

2016年4月21日

調査団について

【画像】かつて日本から中南米へと渡った日本人移住者及びその子弟によって築かれた日系社会との連携を図る現地調査プログラムです。
中南米地域の人口規模はASEANに匹敵する6億人を超える巨大市場であり、世界の名目GDPに占める割合は7.5%とASEANの2倍強に達する規模となります。今回はその中でもアルゼンチン・パラグアイを訪問します。

この調査団への参加が中南米の日系社会及び同地域社会・経済との交流の契機になることを願い、積極的なご応募をお待ちしております。

●日程
2016年9月24日(土)−10月9日(日) ※調査工程は事情により変更する可能性があります。

●費用
【調査団参加費用】
(1)JICAが負担する調査費用
・航空賃(出発到着地:羽田空港)⇔現地までの往復航空券をJICAで用意します。)
・現地での宿泊費・移動にかかる経費(現物支給)
・国際協力共済会 の加入経費(海外旅行保険の加入経費)

(2)参加者にご負担いただく費用
・東京にて実施する事前ブリーフィングの国内移動に係る旅費
・居住地⇔出発到着地(羽田空港)の国内移動に係る旅費
・旅券申請に必要な書類等(戸籍抄本、写真等)の取得経費
・現地での食費等
●申込み方法
 6月27日(月)までに「申込用紙」記入後、e-mailかFAXでお送りください。

詳細は添付ファイル「募集要項」をご覧ください。