2016年8月6日 ヒロシマから平和を祈念しました

2016年8月24日

ヒロシマにとって2016年は現役のアメリカ大統領であるオバマ氏が来広するという、歴史的な年でした。
二度と繰り返してはならない、戦争や核。2016年8月6日は、皆が教訓として胸に刻み、恒久平和に向け、祈りを捧げた1日となりました。

サンフレッチェ広島×JICA 8月6日に広島から平和を発信

【画像】ヒロシマが被爆したあの日から71年目となる2016年8月6日、サンフレッチェ広島(以下、サンフレッチェ)とJICA中国は平和を祈念するPeaceイベントをエディオンスタジアムで開催しました。

平和都市広島から、恒久平和への祈り 2016年8月6日

【画像】2016年8月6日、JICA研修員が平成28年平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)に参列しました。
式典に参加した研修員にはヒロシマで研修することの意義やヒロシマに滞在した経験の意味を「平和」というキーワードのもと再確認してもらえました。

なお、JICA中国では「国際平和デー」に向けてUNITARとも連携し、9月17日にイベントを予定しています。