【マラウイ】鳥取県出身の隊員より 現地レポート

2016年9月23日

池邉 佳織(いけべ かおり)
派遣国:マラウイ
職 種:公衆衛生
派遣期間:2015年1月〜2017年1月


現在、マラウイのムジンバ県マニャムラという町 のヘルスセンターに配属され活動をしています池邉です。
現地では、5歳児未満健診にて予防接種や健康教育、栄養の不足している子供や母親のモニタリング・ケア・治療食の配布、クッキングデモンストレーションで高栄養食品の紹介や調理方法指導を行っています。5S活動や感染予防の指導を通し、利用者も同僚も安全に、また確実な医療サービスが受けられるようにという思いで活動をしています。グループ活動では、ヘルスパスポート(母子手帳に相当する冊子)の改訂も手がけています。今回は皆さんに私が暮らしているマラウイについて紹介します。

マラウイの食事

【画像】トウモロコシを乾燥させて粉にして作ったシマと呼ばれる食べ物が主食です。おかずは野菜・卵・魚・豆類が一般的で、味付けは塩とトマトと油のみ。炭火や薪で調理をします。羽蟻やねずみも食べます 。鉄分を摂るために土をそのまま食べることもあります。まれにカバを食べる地域も・・!

マラウイの家

【画像】家の骨組みはレンガで作られています。屋根はトタン屋根 へ移行しつつありますが、わら葺の家もまだまだ多く存在します。水はポンプ式の井戸から汲み、電気のない家も多いです。トイレは穴トイレでキッチンもお風呂も外!

やっぱりおしゃれが大好き!

【画像】女の子のおしゃれといえば編み込みの髪。地毛は短い人が多いですが、エクステや毛糸で編み込んで色々なスタイルに!ウィッグや地毛をパーマで伸ばし憧れのストレートヘアーにしている人もいます。しかし、小学校にあがると学校で髪を刈られるため、女の子であっても坊主 スタイルになってしまいます。

青空体重測定

【画像】5歳児未満健診時の体重測定の様子です。チテンジで巻かれて秤に吊るされている子供達がなんともかわいらしい!低栄養児を探してフォローするために、体重測定はとても大事なイベントです。体重測定の後は予防接種です。 季節によってはマラリア患者がとても増えます。医療費・薬代は無料です。

便利なチテンジ

【画像】女性達が巻いているカラフルな布がチテンジです。スカートなどの上から巻くのが一般的。このチテンジは、子供のおんぶ紐やかばん、タオル、頭で荷物を運ぶ時の台にもなります。乾きも抜群で優れものです!

マラウイ流ラッシュアワー

【画像】任地から少し大きな町へ出るにはトラックの荷台に飛び乗ります。時には満員電車のような日も。ボロボロになった日本車がマラウイで頑張っています。近場では自転車タクシーや牛車に乗せてもらう事もあります。