「安全対策研修」受講者募集

2018年7月11日

開発途上国で危険に巻き込まれないために

開発途上国への派遣・出張前には「どのようなリスク」があり、「どのような備えが必要か」を知ることが大切です。
JICAでは、国際協力事業関係者を広く対象とした安全対策研修を開催します。

安全対策研修の概要

今回の「安全対策研修」では、「開発途上国ではどのような危険があるのか知りたい」「出張者の安全管理意識を高めたい」「スタッフが事件に巻き込まれたときどうすればいいのか学びたい」といった「渡航者向け研修」と「管理者向け研修」の対象者別の2種類の研修を行います。

【渡航者向け】
■日時:2018年8月21日(火)10:00~12:30
■内容:一般犯罪対策及びテロ対策を中心とした座学講義を実施するものです。具体的な内容として、「一般犯罪対策」「交通安全」「テロ対策」「JICA安全対策概要」を テーマに講義を行います。
■対象:JICA関係者(専門家、コンサルタント、随伴家族を含む)以外にも、国際協力事業に従事される民間企業・政府関係機関・非政府/市民社会組織(NGO/NPO等)・地方公共団体・大学関係者等

【管理者向け】
■日時:2018年8月21日(火)14:00~16:00
■内容:研修では「平時の安全対策」に加え、「緊急事態発生時における日本側の対応」について、グループディスカッション形式でシミュレーション訓練を行います。
■対象:JICA関係者の派遣元となる企業・団体・NGO等に加え、国際協力事業に従事される民間企業・政府関係機関・非政府/市民社会組織(NGO/NPO等)・地方公共団体・大学関係者等の安全管理責任者やご担当者等

【講師】ALSOK(綜合警備保障株式会社) 

【会場】広島県広島市南区大須賀町13-9ベルヴュオフィス広島
TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前 3Fホール3A

【受講料】
無料

【申し込み方法】
ウェブサイトよりお申込みフォームをダウンロードし、下記アドレスへお申込みください。(8月7日お申し込み締切り)

【お問い合わせ】
安全対策研修(渡航者向け・管理者向け)事務局
administration@jica-training.jp
電話:080-4068-6245
(受付時間:平日午前10時~午後6時(土・日・祝日、を除く)