【参加者募集】「中南米日系社会との連携調査団(パラグアイ、ペルー派遣)」

2018年7月26日

【画像】この度JICA中南米部では、かつて日本から中南米へと渡った日本人移住者及びその子弟によって築かれた日系社会との連携を図る現地調査団を2018年11月23日(金)~12月9日(日)にパラグアイとペルーへ派遣します。

パラグアイは、過去10年間、平均年率4.7%の経済成長を記録しており、税制優遇策を通じて外国企業誘致や官民連携を推進しております。なお、パラグアイには日本語が流暢な日系人が多く、日本語能力の水準は、南米各国の日系社会でも屈指のレベルにあると言えます。
ペルーは、日本にとって中南米諸国で初めて外交関係を樹立した国であり、140年を超える友好関係を有し、日系人の数は約10万人と中南米地域で第2位の規模です。ペルーは安定したマクロ経済運営により、2006年から2016年のGDP成長率は年平均で5.7%と世界でも有数の経済成長率を達成しています。また、太平洋同盟やTPP等の自由貿易に対する取り組みに積極的であり、日本との間では経済連携協定(EPA)を締結し、伝統・日伝統商品に対する特恵関税の適当等で両国のビジネス促進を図っています。

JICAはODAと民間ビジネス活動の連携を推進する中、移住先国で活躍する日系人をパートナーとして、日本の民間企業と連携を促進することで、現地の開発課題の解決に貢献し、さらに中南米への事業展開を実現するといった互恵的な協力の可能性があると考えています。中南米の日系社会及び同地域社会・経済との交流にご関心ある民間企業のみなさまのご参加をお待ちしています。
  
募集要項をご一読の上、JICA中南米部にご応募ください。定員制のため、ご応募多数の場合は選考させていただくことがあります。よろしくお願い申し上げます。

視察行程(案)

【1】構 成:各社1名、参加者10〜15名(JICA職員が同行します。)
【2】訪問国:パラグアイ、ペルー
【3】行 程:2018年11月23日(金)~12月9日(日)、17日間

応募方法

募集概要をご覧の上、申込用紙等をJICA中南米部計画・移住課担当に電子メールでお送りください。
※締切:2018年9月14日(金)
※定員制のため、ご応募多数の場合は選考させていただくことがあります。

お問い合わせ

JICA中南米部計画・移住課
担当者:中島里美/石橋匡
電話番号:03-5226-8510
Eメール:5rtpm@jica.go.jp