【イベント報告】 広島県青年海外協力隊を育てる会 創立30周年記念フォーラム

2018年8月28日

広島県育てる会 創立30周年記念フォーラムを開催しました

広島県青年海外協力隊を育てる会は創立30周年を記念して、フォーラムを開催しました。当日は、衆議院議員平口洋様、協力隊を育てる会長 山本保博様などがお祝いにかけつけてくださいました。広島県青年海外協力隊を育てる会は、JICAが行う青年海外協力隊事業などを支援し、国際協力を通して世界平和に貢献することを目的に、1988年に設立されました。主な活動は、青年海外協力隊派遣事業の支援と、現在派遣中の広島県出身隊員と帰国隊員への活動支援です。

記念講演:「世界情勢と青年海外協力隊」

ジャーナリスト 岩田公雄さん

当日は、広島県青年海外協力隊を育てる会の上田みどり会長のご挨拶で始まり、記念講演では、ジャーナリストの岩田公雄氏をお迎えしました。約100名が来場し、ゲストの岩田氏が登壇すると、大きな拍手が湧きあがりました。岩田氏はジャーナリズムの世界に41年携わり、これまでに54か国以上で取材をされました。現在は、母校の 学習院大学で特別客員教授も務められています。講演では、1965年に派遣を開始した青年海外協力隊の歴史の背景で起こっていた数々の世界情勢の動きについて、お話しいただきました。また、岩田氏から見た青年海外協力隊の存在について、「相手国に様々な影響を及ぼし、相手国と日本の架け橋となっている存在であり、青年海外協力隊の役割に感謝する国が増えている」と述べ、青年海外協力隊を育てる会の理事の一人でもある岩田氏は、これからも青年海外協力隊を応援していきたいと語りました。

帰国隊員報告(サモア・ヨルダン・カメルーン)

帰国報告する増崎優さん

帰国報告をする新庄芳菜恵さん

帰国報告する山本主税さん

当日は3名の青年海外協力隊経験者が帰国報告を行いました。1人目はサモアで小学校の先生として活動した増﨑優さん。現地で心がけていたのは、サモアの先生と一緒に授業をすること。その理由は、増﨑さんが現地にいられる期間は1年9か月と限られているため、自分が去った後もサモアの先生達が困らないよう、一緒に授業を行う中で自分の持てる技術を全て伝えるという強い使命感があったからです。そのために、日頃から先生達との人間関係作りを大切に過ごし、最後には、サモアがとても好きになったそうです。サモアの人々と共に活動したことが伝わってくる素敵なお話でした。


2人目はヨルダンのNGO団体(障害児・者支援)で活動した新庄芳菜恵さん。協力隊を終えて帰国後、ヨルダンに住んでいたことで周りの人によくきかれる質問を紹介してくれました。「危なくないの?」「暑い国なんでしょ?」「家族に反対されなかったの?」の3つです。 新庄さんはヨルダンについて、日本人女性が一人で行っても安全な土地で、四季もあって雪が降ることもあり年中暑いわけではない、そして、家族に反対はされなかったが心配をしてくれ、そう思ってくれる人がいるということは本当に有難いことで、心の支えになったと話してくれました。最後に「これからも多くの人々に、ヨルダンのことを伝えていきたい」と話し、ボランティアの活動は帰国後も続いていくという力強いメッセージを伝えました。

最後は、カメルーンで村落開発普及員として活動した山本主税さん。現地の人達のためという熱い気持ちが感じられる報告でした。山本さんの活動先の村では井戸が壊れており、住民は水を手に入れるために、重い水を一日何回も水源から運ばなければなりませんでした。井戸が使えるようになれば、住民が水汲みから解放され、より衛生的な暮らしをすることができる、と山本さんは村人と井戸を修理する計画を立てました。最初はカメルーンの首都から修理業者を呼びましたが、井戸はよく壊れるため、村人が自分たちで井戸を修理できるように、修理業者から村人と一緒に修理方法を学び、部品の入手方法なども改善しました。将来を見据えて、技術を村に残すことに注力した山本さんの活動に、ボランティアのパワーを感じました。

報告してくれた3名は、青年海外協力隊に参加しなくては得られなかったであろう経験を話してくれました。目を輝かせ生き生きと話しをする3名の帰国隊員の姿に、来場者は魅了された様子でした。

広島県青年海外協力隊を育てる会は30周年を迎えました。30年に亘り広島県の青年海外協力隊員を支援してくださいましたことを、心から御礼申し上げます。

広島県青年海外協力隊を育てる会は、会員を募集しています。開発途上国の人々のために頑張る広島県出身の協力隊員を応援してくださる方、以下のご連絡先までご連絡よろしくお願いいたします。

広島県青年海外協力隊を育てる会
〒730-0037 広島県広島市中区中町8-18
広島クリスタルプラザ6階 (公財)広島国際センター内
E-mail:mdueda@ms10.megaegg.ne.jp