【教師海外研修 授業実践】広島県立瀬戸田高等学校

2019年1月9日

経済格差から考える「持続可能な社会」

森﨑将彦先生

広島県立瀬戸田高等学校で1年生を担当する森﨑将彦先生は、JICA教師海外研修で訪問したスリランカでの経験を生かし、開発途上国が直面する問題や世界が抱える課題について授業を行いました。前の授業で「貿易ゲーム」*に参加した生徒たちは、不平等な世界経済の仕組みや途上国の貧困に先進国も大きく関係していることを体験しました。その体験を通して、世界各国がより発展するためには「国家間の助け合いが必要」「資源の偏りをなくす努力をする」「平等な貿易システムを考える」といった改善案を考えました。しかし、森﨑先生は「現実社会で本当に『平等』が達成されるだろうか?」と、さらに問いかけました。「貿易ゲーム」のルールは「とにかくお金を稼ぐこと」。しかし、現実社会でその価値観のまま人類が進んでいけば、平等、公正な社会の達成は困難です。森﨑先生は、日本の政府開発援助の事例紹介や、東日本大震災発生時に多くの途上国を含む海外から寄せられた支援の実態を伝えることで、世界は相互依存の関係にあり、自分さえ良ければいい、では地球は持続不可能に陥るという現実を解説していきました。
そして、不平等な社会を変えるため、地球を持続可能なものにしていくために掲げられたSDGs(持続可能な開発目標)について触れていきました。

高校生にとって重要なSDGsはなんだろう?

SDGsのイラストと説明の組み合わせを探そう

森﨑先生は生徒に1人1枚、正方形のカードを配りました。カードには番号とイラストが描かれたもの、説明が書かれたものの2種類があります。これはSDGsの17のゴールのイラストと説明を分けた教材で、生徒はカードを見せ合い、イラストと説明が合致するように頭を悩ませていきました。その後、森﨑先生は何枚かの写真を見せ、生徒はその写真から垣間見える課題と、17のどのゴールとつながるのかを考えていきました。写真にはスリランカで森﨑先生自身が撮影した風景もあれば、近所のコンビニエンスストアの一画を映したものもあります。課題や問題は途上国だけでなく、当然私たちの身の回りにも多く存在する、という事実に、生徒は改めて気づいた様子でした。
最後に生徒は、SDGsの17のゴールのうち、若者や子どもにとって重要だと感じるものに優先順位をつけていきました。普段同じ教室で学ぶ生徒同士でも、その回答は様々。「人間も動物だからこそ、まずは地球環境が整うことが前提」と、自然環境に関わるゴールを上位にしたグループもあれば、「高校生の自分たちが今すぐ取り組めるものを考えよう」という想いから優先順位を付けたグループもありました。
英語科担当の森﨑先生は、最後にこの言葉を生徒に伝えました。「Think globally, act locally, change personally」。地球規模で考え、地域で行動に移し、自分自身をどう変えていくのか。不平等な経済構造を体感し、SDGsを理解した生徒たちは、森﨑先生の問いへの答えを、これからも考え続けてくれることでしょう。

関連リンク: