【学校訪問レポート】広島県立広島北特別支援学校[広島県]

2019年3月19日

ワクワクの学校訪問

ようこそ!フランス語での歓迎に研修員も感激

 「アフリカ地域 教師教育(基礎教育分野)」コースの研修員6名が2月18日(月)、広島県立広島北特別支援学校を訪問しました。ブルキナファソ、チャド、ジブチ、ニジェール、マダガスカルのアフリカ地域5か国から来た研修員は、母国の教育機関で働く先生です。彼らの公用語はフランス語。来日以降、研修員たちはフランス語が通じる機会が少ないことを残念に思っていたようですが、道中では全員が、覚えたての日本語で「私は〇〇です。国は△△です。よろしくお願いします。」とあいさつの練習を重ねていました。いよいよ学校訪問が始まります!

こんにちは、ようこそ!

日本語で自己紹介をするファトゥマさん(ジブチ)

 校舎に入ると、中学3年生の生徒たちが「Bonjour!(こんにちは)」と、元気いっぱいに出迎えてくれました。最初にもらったプレゼントは研修員ひとりひとりへの生徒手作りの名札でした。生徒が研修員の首にその名札をかけ、教室へ案内してくれました。出会ったばかりで、恥ずかしそうに案内する生徒の後ろを、わくわくした様子でついていく研修員たち。歓迎会会場の教室に到着するとフランス語で「Bienvenue(ようこそ)」と書かれており、その温かいおもてなしに嬉しそうな表情を浮かべていました。
歓迎会は生徒の歓迎の挨拶で始まり、研修員も簡単な自己紹介をしました。練習した日本語でトップバターをきったのはマダガスカルのリディさん。自己紹介をした直後、会場から「ボンジュール、リディさーん!」と歓声があがりました。日本語の自己紹介が通じて一安心。続く研修員たちにも声掛けをしていただき温かい雰囲気に包まれました。そして生徒から歌のプレゼントももらい、歓迎会は和やかに終了しました。

楽しい交流

生徒と一緒に広島の地図を眺める研修員

 その後、校内を案内していただき、生徒の活動の様子を見学することができました。行く先々でそばに近寄ってくれる生徒に研修員も全力で応えていました。校内見学ののち、控室で昼食をとっていると、給食を食べ終えた生徒たちが遊びに来てくれました。一緒にお菓子を食べたり、話をしたり、休憩時間もしっかり交流することができました。

様々な日本文化体験に大興奮

着物で茶道を体験するアイナさん(右、マダガスカル)

坊主めくりで盛り上がるファトゥマさん(ジブチ)とザラさん(
ニジェール)

衣装に着替えて神楽体験をするンバイロさん(左、チャド)とリディさん(右、マダガスカル」)

 そして昼食後、研修員は3クラスに分かれて生徒と一緒に活動をしました。研修員はそれぞれの母国について地図と食べ物の写真を使って紹介しました。「ここ、チャドです!」と日本語で一生懸命に地図上のチャドを指さすのはンバイロさん。「アフリカに来るときはぜひチャドへ!」と声にも力が入ります。研修員の母国への愛情もしっかり伝わったようでした。
 お国紹介の後は、日本文化の体験をさせていただきました。ブルキナファソのディオマさんとマダガスカルのアイナさんのクラスでは、茶道体験が行われました。アイナさんは着物も着付けてもらい、充実した交流時間を過ごしました。別のクラスでも、神楽体験や百人一首かるたを使った坊主めくりゲームなど、日本ならではの文化体験に大興奮の様子でした。

 楽しく交流しているうちに、あっという間にお別れの時間となってしまいました。研修員がどれだけ楽しい時間を過ごしたかは、彼らの表情からも明らかでした。お別れ前には、生徒から心のこもった手作りのプレゼントをいただき、素敵な贈り物を手にした研修員から「この学校での思い出は心の深くに根付いて決して忘れない。」との感想が寄せられました。

 広島北特別支援学校のみなさま、温かいおもてなしと素晴らしい体験を本当にありがとうございました。