長期研修員(アフガニスタン・イスラム共和国)インタビュー

2020年8月17日

未来への架け橋・中核人材育成プロジェクト(PEACE)」プログラムで広島大学に3月末まで在籍されていたアフガニスタン・イスラム共和国出身のMohammad Ismael Haqani さんに、日本の生活を振り返っていただきながら、母国について教えていただきました。

ご自身とアフガニスタン・イスラム共和国について教えてください。

名前:Haqani Mohammad Ismael
出身国:アフガニスタン・イスラム共和国
大学:広島大学大学院国際協力研究科
日本滞在期間:2年10か月

私の名前はモハマド・イスマエル・ハカニです。
2012年ヘラート大学の農業学部卒業後、高等教育省のバッギス高等教育研究所農学部農学科のティーチングアシスタントとして働いていました。
2017年に広島大学修士課程のJICAプログラムで来日し、2020年に尊敬するTran Dang Xuan教授のもとで卒業することができました。

私はアフガニスタンの西部出身です。
アフガニスタンは主に部族社会であり、国のさまざまな地域に独自のサブカルチャーがあります。ほぼすべてのアフガニスタン人はイスラムの伝統に従い、同じ休日を祝い、同じ服装をし、同じ食べ物を消費し、同じ音楽を聴き、ある程度多言語に対応しています。
気候は乾燥していて、夏は暑く、冬は寒いです。

好きな日本食とアフガニスタンの伝統料理を教えてください。

好きな日本食は、寿司です。
教授が寿司屋さんに連れて行ってくださいました。生魚は食べられないので、火を通したものを食べていました。イスラム教徒では豚肉とお酒が禁止されているため、寿司ならネタを加熱してもらえれば食べられました。

アフガニスタンの伝統料理は、パン(ナン)と一緒に食べるコルマ、カブリ・パラウです。パン(ナン)は1mくらいに薄く大きく伸ばした楕円の形をしたものがよく食べられています。タンドールという窯で焼きます。
家庭では、薄くて小さいナンがよく作られています。
Korma(コルマ)は、羊とジャガイモとトマトペーストの料理です。
Qabeli Pulao(カブリ・パラウ)はUzbek pulaoと呼ばれたりもします。お米とマトン(羊肉)か牛肉、レーズンと人参を混ぜた料理です。

日本でお気に入りの場所はありますか?

宮島の大鳥居にて

宮島の鹿に子供達も大喜び

宮崎県の都井岬の自然と野性馬に感動

旅行中に訪れた別府大学にて。
とても素敵なキャンパスでした。

宮島です。鹿がたくさんいて、子供達が喜んでいたからです。鹿を初めて見ました。でも、持参したお弁当を食べていたら鹿に食べられてしまいました。

また、宮崎旅行で訪れた、高千穂や都井岬の豊かな天然の自然、原風景に感動しました。
旅行中に大分県の別府大学にも訪れました。とてもいい場所でした。

日本の好きな文化はありますか?

お茶会です。JICA中国で開催されたお茶会のことです。
研修員たちは皆、出身国の民族衣装を着て参加していました。他の国の民族衣装を見るのも楽しかったです。

日本の緑茶も好きです。アフガニスタンではコーヒーはあまり飲まれておらず、お茶を飲みますが、日本に来てから緑茶を知り、いつも好んで飲んでいます。

日本の大学はいかがでしたか?

研究発表の様子

私は広島大学(IDEC)に留学しました。国際的な大学であり、異なる文化を持つ異なる国々から学生が来ており、レベルの高い大学です。大学院では大学と違って取得しなければならない単位が少ない分、研究に集中できるという点が良かったです。ベトナム産のコメをサンプルに、干ばつストレスが植物性化学物質とモミラクトン(※)に与える影響について研究しました。

※植物が生み出す化学物質のひとつで成長抑制の作用がある。

日本の皆様にメッセージをお願いします

日本は私にとって永遠に最高の場所です。