日本最大級のファッション展示会「JFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)」へ出展! チャンピオン商品アプローチ エチオピアシープレザーのブランディングに向けた取組み

2015年8月14日

JFW-IFFへの出展

シープレザー製品を生産するエチオピアの企業5社は、JICAの招聘によって来日し、7月22日(水)から24日(金)にかけて行われた日本最大のファッション展示会「JFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)」(東京ビッグサイト)に、アフリカの企業として初めて出展しました。各企業は、展示方法(Visual Merchandising)についての研修、市場環境や商慣習を学ぶフィールドワーク、企業へのヒアリングを通じて出展の準備を行い、合同で「Ethiopian Highland Leather」のブースを設けました。百貨店やセレクトショップなどの様々なバイヤーとの商談では、エチオピア産の高品質なシープレザー製品に高い関心が示され、今後の日本でのビジネスの拡大が期待されます。

【画像】

カラフルな展示を意識したブース

【画像】

人で賑わう展示会

チャンピオン商品アプローチについて

2013年度よりJICAがエチオピアで試験的に取り組んでいるチャンピオン商品アプローチは、「チャンピオン商品」(その国の歴史や文化的な背景にもとづいた、高い独自性と品質を有する商品)のブランディングを通じてエチオピアのカントリーイメージの向上と輸出の拡大を目指すというものです。JICAは、エチオピアの企業や政府機関と連携しながら、このチャンピオン商品アプローチを通じて様々な取組みを行っています。

Ethiopian Highland Leather

【画像】

チャンピオン商品アプローチでは、エチオピア政府や多くの現地企業と連携しながらエチオピア産シープレザーの日本でのマーケティングとプロモーションに重点的に取り組んでいます。エチオピアの高地で育つ羊の皮は、薄く、軽く、柔らかいにも関わらず、伸縮性が高くて丈夫という特徴があります。その品質は世界最高峰とも言われ、海外の有名ブランドなどで用いられていますが、輸出量はいまだ少なく、一般の消費者の間での知名度も限られています。エチオピア政府は、同国内のシープレザー関連企業が力をつけ、付加価値のついた製品の輸出を、日本を含めた世界中で拡大することで、経済を活性化させることを目指しています。JICAは、その実現のため「Ethiopian Highland Leather」ブランドの立ち上げを支援しています。

カントリー・イメージビデオの製作

チャンピオン商品アプローチでは、エチオピアという国そのものをリ・ブランディングするためのカントリー・イメージビデオ「CREATIVITY in MOTION」を製作しました。ビデオでは、様々なエチオピア産品の魅力や、エチオピアの発展、人々の活力、そして、ものづくりのエネルギーを表現し、「Made in Ethiopia」をプロモーションしています。

チャンピオン商品ウェブサイトの開設

エチオピアのチャンピオン商品をもっと知ってもらうために、ウェブサイトが開設されました。ウェブサイトの中では、エチオピア産シープレザー、テキスタイル、コーヒー、宝石、農産加工品などの様々なエチオピア産品が紹介されています。このウェブサイトは、企業や生産者が自分達から情報を発信できるような仕組みになっています。ウェブサイトを通じてチャンピオン商品が広まっていくとともに、企業や生産者の中でもオーナーシップが育まれ、様々な自発的な取組みが生まれることが期待されます。

JFW-IFF出展エチオピア企業

1. Ethio-Leather Industry Plc.(ELICO)

傘下にタンナー、靴メーカー、鞄・その他皮革製品メーカーを有する総合皮革製品企業。エチオピアの皮革業界における最大手。

2. Dire Industry Pvt Ltd Co

総合皮革製品企業であるDireグループに属するタンナー。2014年度のTannery of the Year(Africa region)の受賞企業。

3. Pittards Products Manufacturing

鞄・手袋の製造販売を手がける英ピターズ社の子会社。現在は主に手袋を製造。

4. Modern Zege Leather Products Industry Plc.

エチオピアで上位5位に入る皮革製品メーカー。

5. Leather Exotica

メロン・セイード氏が代表兼デザイナーを勤める鞄・衣料品メーカー。

【画像】