特集

栄養改善 母と子の「1000日」を守る

mundi 2月 特集

【画像】※mundiはJICAが実施する事業や取組みを、毎月テーマごとに紹介する広報誌です。

母と子の「1000日」を守る

子供の健やかな成長は、すべての親に共通する願いだ。しかし、人生の始まりの環境が、その願いに大きく影を落としてしまうことがある。子どもの未来を決める最初の1000日をどうやって守り抜くか、最新の知見を元に考える。

Fromガーナ アフリカの“栄養改善モデル”を目指す

栄養不足による子どもの発育への影響が深刻なガーナ。日本は、研修や民間企業の事業などを通じて、ガーナの栄養改善に取り組んできた。

Fromグアテマラ 伝統の息づく地に栄養の光を

5歳未満の子どもの約半数が、慢性的な栄養不良の状態にあるといわれているグアテマラ。伝統的な生活様式を残すマヤ系先住民族が多く暮らす地域では…

Fromウガンダ 食生活を変えるには農業から

農業に適した土地であるにもかかわらず、内線の影響を受けて人口の8割以上が長年、避難民として暮らしていたウガンダ北部のアチョリ地域。再び村に戻った人々の生計を改善し、健康的な食生活を広めるためには…

発展の第一歩は栄養改善から

栄養不良は、個人の健康問題であるだけでなく、労働の質や生産性を損なうことから、国の発展の妨げともなる。適切な栄養摂取は国際社会が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の17の目標すべてを達成するための基盤なのだ。開発途上国の栄養改善を後押しする日本の研修と、その参加者の活躍を紹介しよう。

上記特集内で紹介している各事例の詳しい情報はこちらをご覧ください。

ガーナ

グアテマラ

特集のサブカテゴリ一覧

  • 特集