特集

mundi 1月号 特集 栄養改善 食の不均衡に、みんなで挑む

※mundiはJICAが実施する事業や取組みを、毎月テーマごとに紹介する広報誌です。

【画像】世界では多くの人々が栄養状態になにかしらの問題を抱えている。その背景には、経済状況や慣習、住環境などさまざまな要因があり、解決には多角的なアプローチが必要だ。
JICAは分野の垣根を超えた"マルチセクトラル"な協力によって、人々の健康向上に取り組んでいる。

栄養についての理解を深めよう

さまざまな分野に結びつく栄養の課題にはみんなで取り組むことが不可欠!
栄養不良にまつわる現状や問題の背景を理解し、国際的なゴールの達成に向けたマルチセクトラルな栄養改善へのアプローチを見てみよう。

ガーナ:子どもから大人までの健康を

JICAは保健分野や農業分野のガーナの機関とともに、人々の生涯を通じた栄養改善に協力している。保健分野では、住民の栄養カウンセリングに取り組み、農業分野では、栄養価の高い米を生み出す加工技術の普及を進めている。

マダガスカル:食の大切さを共有し、広める

栄養改善には日ごろから良い食生活を送ることが重要だ。子どもたちの発育阻害の減少や、就学率の向上などを目指して進められている。

ナイジェリア:農村で効果を上げる

妊婦や2歳未満児とその母親の栄養不足が課題となっているナイジェリアで、農村部を対象に、多様な切り口による包括的な栄養改善プロジェクトが始まっている。

モザンビーク:水環境の改善と農業・保健分野が連携

モザンビーク北部のニアッサ州では、安全な水を安定して供給するためのJICAの協力が継続している。そのニアッサ州で保健、農業分野でのプロジェクトを同時に進め、包括的に栄養改善に取り組む動きが始まっている。

ソロモン:“ヘルシービレッジ”で生活習慣病を予防

ソロモン諸島では、生活様式や社会環境の変化により生活習慣病が急激に増加している。JICAは村を拠点とする健康推進員の育成を通じて、人々への健康への意識を高め、行動と環境を変えるための活動を支援している。

日本の技術で食事療法を広げる

肥満とともに慢性腎臓病患者が増加傾向にあるフィリピン。日本の企業が、現地機関やスタッフと連携しながら独自の技術でこの課題に取り組む。

さまざまな民間連携・市民参加の取り組み

JICAでは、民間企業やNGO、市民らと連携しながら多様なアプローチで栄養改善の課題に取り組んでいる。

上記特集の関連情報はこちらをご覧ください。

特集のサブカテゴリ一覧

  • 特集