特集

mundi 4月号 特集 スポーツと開発 人々の可能性をひらく

※mundiはJICAが実施する事業や取組みを、毎月テーマごとに紹介する広報誌です。

【画像】「スポーツと開発」というテーマは、スポーツをすること自体が権利であり、その実践を通じて個人や集団の能力を高めたり、可能性を広げることで、人々の生活をより健康で豊かなものとする考え方に基づいている。その意義について、日本パラリンピック委員会委員長の河合純一さんが語った。

自国に誇りと喜びを

オリンピック、パラリンピックへの出場を目指して

各国で出場選手が決まる。実はその選手たちを支えているのが青年海外協力隊員やシニア海外ボランティアという国もある。日々の練習や試合での喜びと苦労とは?

人間力の向上を

ミャンマー:自分を信じ、友を信じる 心を育む体育

これまで小学校での体育の授業に重きがおかれてこなかったミャンマーだが、JICAのプロジェクトにより、新しい世代が新たな体育を学び始めている。

カンボジア:質の高い授業で「知識・技能・態度」を身につける

カンボジアでは小学校体育に続き、2015年から中学校体育の学習指導要領、指導書が作成された。これまでとは異なる授業や新しい種目に取り組めるよう、HEARTS of GOLDが支援を行っている。

社会参加の促進を

タイ:どんな障害者も暮らしやすい社会へ

アジア太平洋地域に暮らす障害者は約4億人といわれ、彼らが社会の一員として活躍できる環境整備が続けられている。その一環として、スポーツ活動で障害者と社会をつなぐための研修が行われた。

ラオス:仕事とスポーツで自信をつける

ラオスで20年以上にわたり障害者支援を行ってきたアジアの障害者活動を支援する会(ADDP)。スポーツと就労支援の両輪で、障害者の意欲を高めている。

人や地域と交流を

心に火をつけたい。車いすで支える自立

神保康広さんは車いすバスケットボールの元日本代表。現在、スポーツ用車いすの企画・開発に携わる一方で、パラスポーツの普及など社会貢献活動を行っている。原動力となっているのは、障害者としての経験だ。

世界とつながるニッポン

日本の地方自治体がオリンピック・パラリンピックに参加する国や地域のホストタウンとなり、大会前からスポーツや文化、経済などを通した交流を行っている。

特別授業

世界の課題解決に貢献するスポーツ

世界の課題解決に対するスポーツの役割は、大きくなってきている。その背景にある世界の動きや開発におけるスポーツの可能性について、この分野をテーマに長年研究を行う岡田千あきさんに解説していただく。

上記特集の関連情報はこちらをご覧ください。

特集のサブカテゴリ一覧

  • 特集