JICA地球ひろば 展示(団体訪問プログラム)

明治大学M-Navi学生委員会のみなさんがJICA地球ひろばを訪問

2016年5月21日

訪問者コメント

31人が訪問してくれました

・自分たちの消費行動の仕方によっては、途上国の人々に大きな影響を与えることがあり得るのだと知った。
・漠然と考えていた国際協力が、フェアトレードやこの様なプログラムで出来ることを体感しました。
・体験談や展示のビデオ上映などとても興味深く、ボランティア活動への関心が増しました。
・自分がどれだけ恵まれた環境にあるのか、改めて実感し、世界の子どもたちのためになる様に勉強を頑張りたいと思いました。
・今までボランティアなどに目を向けた事がなかったが、学生の間に積極的に取り組んでみようと思った。

案内人コメント

児童労働をテーマに、チョコレートを通してフェアトレードについて考えてもらうワークショップを体験していただきました。身近な食べ物から自分たちの生活と開発途上国の関わりを知っていただけたのではないでしょうか。
青年海外協力隊での体験談を通して、多くの学生の方にボランティア活動に興味を持っていただけました。展示見学の中でも、学校に行きたくても行けない現状を知り、自分たちが受けてきた教育の大切さを振り返っていただく良い機会になったのではないかと思います。

施設情報