JICA地球ひろば 展示(団体訪問プログラム)

相模原市立大野南中学校の皆さんがJICA地球ひろばを訪問

2019年11月1日

訪問者コメント

午前・午後に分かれて、合計61人が訪問してくれました

午前班
・バングラデシュの体験談がとてもわかりやすくて、世界について興味がわきました。
・自分たちが体験し、答えを見つけ出すのがすごく楽しかったです。
・今回の訪問を通して、国際協力やボランティアについてより身近に感じることができました。
・世界には色んな種類のレジ袋がある事にビックリしました。

午後班
・日本での生活は私たちから見ると当たり前だと思うところが多いけれど、世界で見ると全然違うのだなと感じた。
・様々な分野の人が世界のために動いていることを知り、一人一人の行動の重要さを感じた。自分一人では変わることのない世界だけれども、その行動には意味があると思った。
・帰ってからも、今日学んだことを生かして生活していきたいと思った。

案内人コメント

明るく活発な生徒の皆さんで、楽しみながらプログラムにご参加いただきました。世界のゴミ問題について展示物に触れたり、ゲームで楽しみながら学びを深めていただきました。(午前班担当)

平和について考える学校の課題学習の一環としてご利用いただきました。民族衣装の試着や、世界のごみの重さ体験、ゲームなどを通して、世界の異文化や課題をより身近に感じてもらい、さらに自分にできることを探ろうとする姿勢がうかがえました。(午後班担当)

施設情報