【受付終了】シリーズ(全三回)「社会人のための難民ワークショップ−日本と難民−」

受付を終了しました。今後、追加募集を行う場合はこちらのページにてお知らせします。

近年、「難民」という言葉を聞かない日がないほど、ニュースで取り上げられている難民問題。同じ人間として私たちに何ができるのか、何をするべきなのか?本ワークショップでは、難民の人々が置かれている世界の情勢や実際の環境、そして日本が行っている支援について参加者の方々と一緒に考えます。

各回とも、参加者の方々とのグループワーク、各分野の専門家の方の講義、そしてそれに関する議論という流れで実施します。グループワーク・議論では、参加者の皆さんが主体となって考えていただくことを目的とするため、事前に短い論文など読んで考察いただいたことを、当日、発表していただきます。

そのため、事前学習や課題などを行う熱意のある社会人の方を対象とします。また、「自分で何かをしてみたいがその前に難民に関する理解を深めたい」という方、正しさと間違いの枠ではなく、様々なアイディアを受け入れ、参加者の方々とともに考えることができる方を歓迎します。

ファシリテーター:高嶋 由美子(国連難民高等弁務官事務所・JICA 社会基盤・平和構築部)
【略歴】
大学院博士課程在学中に、JPOとしてスーダンに赴任。その後、2002年より、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)職員として、スーダン、東ティモール、タイ、カンボジア、ミャンマー、アフガニスタン、ケニア勤務を経て、ウガンダ・リラ事務所長、イラン・テヘラン事務所上級フィールド調整官を歴任。2010年より国連UNHCR協会事務局長に就任した後、UNHCR緊急援助部上席緊急支援担当官アフガニスタン副代表を務め、現在は人道と開発援助の関係強化を目指してJICAに出向中。

※JPO・・・ジュニア・プロフェッショナル・オフィサーの略。将来的に国際機関で正規職員として勤務することを志望する方を対象に外務省が実施している派遣制度。

第2回・3回の講師は以下を予定しております。
6月1日
講師:JICA職員

6月15日
講師:アタイ・ジャファル氏(東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学専攻)
【略歴】1990年、アフガニスタン・カブール市生まれ。8歳の頃にパキスタンへ移住した後、2009年に来日。現在は、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻でパキスタンにおけるアフガニスタン難民について研究している。

石井 宏明氏(認定NPO法人 難民支援協会<JAR>常任理事) 
【略歴】一般企業退職後、米国モントレー国際大学院で1994年修士号(MA)取得。1995年アムネスティ・インターナショナル日本勤務を皮切りに、ピースウィンズ・ジャパン、難民支援協会でNGO職員として活動、2009年より現職。国内外での難民支援、NPO 法人制度改革に尽力。東日本大震災被災地支援事業では、事業統括責任者。震災後立ち上がった現地NPOの立ち上げ支援に従事。外務省・「女性・平和・安全保障に関する国別行動計画」評価委員(2016年より)。その他、一橋大学国際・公共政策大学院等で非常勤講師(「NGO・NPO論」等)。

UNIQLO(ファーストリテーリング株式会社)からも講師をお招きする予定です。

対象:難民問題に関心のある社会人の方、事前学習や課題を行う熱意のある方

定員:60名(事前提出物をもとに決定させていただきます。)

参加費:無料

参加方法:受付を終了しました。

展示・イベント情報