五輪応援ワークショップ「スポーツの価値を考えようvol.5−日本の運動会を世界のUNDOKAIに−」

玉入れ(インド)

様々な参加者との意見交換により、スポーツの新しい価値を創造するワークショップです。今回は「開発途上国での運動会の実施」について、以下のテーマをもとに、グループのメンバーを変えながら意見交換を行う「ワールドカフェ」方式で話し合います。

ディスカッションテーマ(案)
1. 日本の運動会を広める?それとも現地のニーズに合わせる?
2. 1回限りの楽しいイベントとするか。持続可能性を考えたイベントにするか?
3. 現地政府と連携してトップダウンで広めるか、草の根レベルから広めるか?
4. 「国際協力的運動会」と「国際交流的運動会」の違いは?
※テーマは変更の可能性あり

初心者向けセミナーです。専門知識は必要ありません。
国際協力、青年海外協力隊、オリパラ教育、国際理解教育などに興味のある方から、学生、協力隊経験者、NGO・NPO関係者、アスリート、公務員、民間企業の方まで、様々なバックグラウンドを持つ方に参加していただきたいセミナーです。
これまで開催した本セミナーには、半数以上の方がお一人で参加されていますので、お気軽にご参加ください。


講師:浦 輝大氏(独立行政法人 日本スポーツ振興センター 情報・国際部 スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局)
【略歴】
アメリカンフットボール選手(現相模原ライズ、1997年から2005年・アメリカプロリーグHawaiian Islanders、2003年から2004年)。青年海外協力隊として、バヌアツ共和国に赴任(2006年から2009年)。JICA東京国際協力推進員(2012年から2015年)。独立行政法人日本スポーツ振興センター情報・国際部 スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局(2016年から現在)。

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記お問合せ先まで、電話またはEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みいただくか、または下記の「お申込み」ボタンからお申込ください。

※「お申込み」ボタンからお申込みの場合は、受付完了のメールをお送りします。もし届かない場合は、お手数ですが、地球案内デスクまでお問合せ願います。受付完了メールは、お客様のメール受信設定により、受け取れない場合や迷惑フォルダに振り分けられることもあります。

展示・イベント情報