SDGs映画祭第3弾「Girl Rising−私が決める、私の未来−」無料上映&トーク

映画上映とトークを通して、世界の女性が直面する現実や彼女たちの持つ可能性について考えます。

本作は、アフガニスタンやネパール、ハイチ、シエラレオネなど9つの国に住む9人の女性の実話に基づいて制作されたオムニバス映画です。それぞれの地域で女性が直面する、貧困や震災、教育、性的虐待などの現実と、そんな現実の中でも彼女たちが持つ希望や可能性を写し出しています。

各国出身のディレクターによってインタビューが行われ、また主役女性9人のうち7人が本人によって演じられた本作は、女性のリアルな現実が描かれた作品です。

映画上映後には、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの内山雄太氏より、映画についての解説を行っていただくとともに、団体での活動を通して感じた課題などについてもお話しいただきます。

※日本語字幕での上映です。

※タイトルのSDGsは、国連に世界のリーダーが集まって決めた、世界をより良くするための約束事、「持続可能な開発目標」のことです。

作品情報:
【原題】Girl Rising
【監督】リチャード・ロビンズ
【制作年】2013年
【上映時間】101分

内容:14時から映画上映を行った後、休憩を挟んで、15時55分から解説&質疑応答を行います。

講師:内山 雄太氏(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン 広報マーケティング部 広報チーム)

対象:ご興味のある方ならどなたでも

定員:100名(先着順)

参加費:無料

参加方法:下記問合せ先まで、電話またはEメールにて、お名前、ご連絡先をお知らせのうえ、お申込みください。

展示・イベント情報